content

竹田武史写真展


作者コメント

中国で唐の時代に拓かれたというお茶の交易路「茶馬古道」。それは世界の茶の原産地とされる雲南、四川から標高5000m以上の山々を越え、いくつもの大河を横切りながら、チベットへと続いていた。お茶はいったいどうして、そのような険しい道のりを旅する必要があったのだろうか。十数年来アジアの原風景を撮り続けてきたが、今回は、のべ7ヶ月間にわたって古道を辿り、お茶と共に生きる人々の姿を追った。

作者略歴

竹田武史(たけだ・たけし)

1974年 京都府生まれ 同志社大学神学部卒業。
大学在学中から写真家を志し、写真家・井上隆雄氏に師事。1997年から5年間、日中共同研究プロジェクト「長江文明の探求」(主催:国際日本文化センター)に記録カメラマンとして参画。2001年から2003年、長江全域を取材。2006年から2007年、「茶馬古道」を取材。中国大陸に日本の文化的ルーツを追いながら撮影を続け、雑誌、展覧会を通して作品を発表している。

写真展

1996年 aa!」 ギャラリーマロニエ
1998年 「自然光」 法然院
2006年 「大長江~悠久の大河6300kmの旅」 銀座ニコンサロン
「大長江~アジアの原風景を求めて」 阪神美術画廊/京都府立文化博物館
2008年 「大長江~アジアの原風景を求めて」 滋賀 喫茶去ギャラリー

著書

「長江文明の探求」(梅原 猛、安田喜憲共著/新思索社)「大長江~アジアの原風景を求めて」(光村推古書院)
「茶馬古道の旅~中国のティーロードを訪ねて」(淡交社 2010年4月刊行予定)

展示作品

カラープリント 大全紙・半切他 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る