content

鈴木秀夫写真展


作者コメント

昭和48年(1973年)二十代半ばの私は、鎌倉をテーマとした写真展を新宿で開いた。何かに惹かれて約1年間鎌倉に通い、気に入ったところを気ままにブローニーフィルムで撮り、50枚のモノクロ全紙パネル写真を自作して展示した。その後、鎌倉には写真を撮りに出かけたことは一度もなかった。
平成19年(2007年)1月に団塊の世代第1号として退職した私は、再び鎌倉の写真を撮りたいと思い立ち、それも当時と同じ場所、同じ方向、同じ角度に、今度はデジタルカメラのレンズを向けて、その年の秋から撮影を始めた。そして、今回はブローニーのネガもデジタル化して、インクジェットプリントでの新旧2枚の写真を並べ、三十六年の歳月の変化を見ていただきたいと思う。

作者略歴

鈴木秀夫(すずき・ひでお)

1947年 東京都生まれ
1972年 自宅暗室にて写真現像引き伸ばしを始める
1973年 写真展「鎌倉処々」新宿ステーションビル
1974年 ワークショップ写真学校 細江英公教室入学
1975年 ワークショップ写真学校 細江英公教室展 銀座画廊春秋
2000年 Webにて自然写真の発表を始める
2004年 グループ展にて自然写真を発表(以後毎年開催)

展示作品

モノクロプリント 半切 約70点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る