content

小川康博写真展


作者コメント

中国が長江中流域に建設中で、完成すれば世界一の規模となる三峡ダム。その建設工事の影響で、杜甫や李白の詩に登場する美しい風景が水没するのを知ったのは、2002年の夏のことでした。

消えゆく風景をこの目で見たいと思い、私は長江への旅に出ました。船のデッキから眺める河の風景は美しく、またはかなくもありました。やがては水の中へと没してしまうその風景のはかなさには、私の意識の深いところを刺激する何かがありました。

私は今回の写真展で、この世界第三の大河、長江への想いを視覚的に表現したいと思っています。三峡ダム上流の町々はすでにその多くが水没し、百万を超える人々が移住させられました。すべてを呑み込んだ長江は、まるで何も起こらなかったかのように、今、この地を悠然と流れています。河の水面を覆う深い静寂は、我々に何を語りかけているのだろう。そんなことを考えながら、私は旅を続けてきました。

作者略歴

小川康博(おがわ・やすひろ)

1968年神奈川県生まれ。24歳で写真をはじめる。2000年、旅の軌跡をモノクロームで綴った作品「不確かな地図」で第37回太陽賞受賞(平凡社)。以来、日本やアジアをフィールドとして活動を続けている。中国・三峡をテーマにした作品で2006 Oskar Barnack Award(Leica France)にノミネート。2008年8月、初の写真集「Slowly Down The River往にし方への三峡をめぐる旅」(クレオ)を出版。

主な個展

1999年 「不確かな地図」 コダックフォトサロン銀座
2000年 「太陽賞受賞作品展」 オリンパスギャラリー
2002年 「ポートレイト・オブ・シャンハイ」 コニカプラザ
2005年 「TOKYOLAND」 コニカミノルタプラザ
2006年 「Slowly Down The River」 銀座ニコンサロン
2008年 「Okinawan Color」 ギャラリーニエプス

展示作品

カラープリント A1、B1 約30点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る