content

溝部秀二写真展


作者コメント

2002年から2008年までの7年間、ソウルと東京を往復しながら写真を撮って来ました。当初は二つの都市における類似性に驚き撮影を行っていましたが、作業を続けて行くに連れ、次第にそこに横たわる幽かな差異に惹き付けられるようになりました。今回の作品では、二つの都市における視覚的な類似性と差異性の奇妙な距離感を写真化できればと、ソウルと東京それぞれで撮影した写真を一つのイメージとして組みました。同時にこの作業を通じて、写真的遠近法の矛盾を抱えつつも、それを補い認識しようとする「見る」ことが持つ不可思議な力とともに、二つの都市が私たちに問いかけるものの一端が提示できればと思っています。

作者略歴

溝部秀二(みぞべ・しゅうじ)

1966年 大分県生まれ
1989年 東京理科大学 理学部 応用物理学科 中退
1999年 東京綜合写真専門学校 卒業

グループ展

1999年 「眼差しに指し示す」
GALERIE LE DECO(渋谷)
2001年 「翻訳-写真における形式化の試み(TORUSU企画展)」
GALERIE SOL(新宿)
「3つの部屋-写真へのイントロダクション(TORUSU企画展)」
淡路町画廊(お茶の水)

主な個展

2003年 「ヒア アンド ゼア/여기와거기」 Days Photo Gallery(四谷)
2006年 「here and there-こことそこ/여기와거기」 新宿ニコンサロン/大阪ニコンサロン
2009年 「여기와거기/here and there/こことそこ」
beansseoul gallery(韓国・ソウル)

写真集

2009年 「here and there -ソウル/東京-」ZOSH(写真展に併せ7月出版予定)

展示作品

カラープリント 500mm×700mm、500mm×1200mm、500mm×1500mm 約25点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る