content

開催概要 - 長倉洋海写真展「人間交路 - シルクロ-ド」

長倉洋海写真展 人間交路

2009年1月24日(土)~2月2日(月) KONICA MINOLTA PLAZA Gallery C 10:30~19:00(最終日のみ15:00まで) 無休・入場無料

開催概要

異文化との共存を願った、シルクロードの民の姿を伝えたい 談・長倉洋海

コニカミノルタプラザでは、2009年1月24日(土)より2月2日(月)まで、長倉洋海(ながくら・ひろみ)氏が5年をかけて撮影したシルクロードの写真展「人間交路 - シルクロード」を開催いたします。

中東、アフリカ、中米と世界の紛争地を26年間、取材し続けて来た長倉氏。大学生時代にシルクロードに憧れ、アフガニスタンに向かったのが、その原点だったといいます。2004年から、シルクロードの取材を始めました。タクラマカン砂漠、パミール高原、中国西域の新彊ウイグル自治区、中央アジア、チベットの青蔵高原、中央アジアのサマルカンド、シリア、トルコ、さらには海のシルクロードの拠点だったスリランカ、ドバイ、イエメンという地域を撮影してきました。

2007年5月にコニカミノルタプラザ全館を使って開催された「シルクロード 長倉洋海が出会った人と風景」は、さまざまなメディアで取り上げられ、来場者も二万人を超えるなど大きな反響を呼びました。
その後も撮影を続け、ヒマラヤ最古の寺を訪れた「仏像の道」、天山北路の「草原の道」の取材を行い、2008年10月には五年に渡る旅の集大成として、毎日新聞社から「人間交路 - シルクロード」を出版しました。

「世界で戦いが止むことのない時代だからこそ、民族や国家にとらわれず異なる文化の人とも共存を願ったシルクロードの民の姿を今回の写真展で伝えたい」と語る長倉氏。訪れた国は11ヶ国、走った距離は六万キロを超えました。「さまざまな人が出会い、交わる路・シルクロード」の躍動感や人々の息吹が伝わってくる、魅力的で迫力ある写真展にご期待ください。
会期中には、長倉洋海氏のスライド・トークを4回ほど予定しております。

長倉洋海スライドトークショー

スライドを上映しながら、長倉氏が作品解説や撮影エピソードを語ります。

  • 休日開催(2回)

    【日 時】 2009年1月24日(土)/1月25日(日)
    いずれも14:00~15:00

  • 平日開催(2回)

    【日 時】 2009年1月28日(水)/1月30日(金)
    いずれも18:00~19:00

【会 場】 コニカミノルタプラザ・ギャラリーC(入場無料)
【定 員】 60名 ※定員を超えた場合はお立見となります。(お立見は、会場の都合により入場をお断わりさせて頂く場合もあります。)
【お申込み】 先着順 ※開演1時間前より、会場にて整理券を配布。

長倉洋海(ながくら・ひろみ)

1952年、北海道釧路市生まれ。大学生時代は探検部に所属し、手製イカダによる日本海漂流やアフガン遊牧民調査などの探検行をする。通信社勤務を経て、1980年よりフリーの写真家となる。以降、世界の紛争地を精力的に取材。中でもアフガニスタン抵抗運動の指導者マスードやエル・サルバドルの難民キャンプの少女へスースなどを長いスパンで取材し続ける。

戦争の表層ではなく、そこに生きる人間そのものを捉えようとするカメラアイは写真集「マスード 愛しの大地アフガン」「獅子よ瞑れ」「サルバドル 救世主の国」「ヘスースとフランシスコ エル・サルバドル内戦を生き抜いて」などに結実し、第12回土門拳賞、日本写真協会年度賞、講談社出版文化賞などを受賞した。2006年には、フランス・ペルピニャンの国際フォト・ジャーナリズム祭に招かれ、「マスード敗れざる魂」を開催、大きな反響を呼んだ。

長倉洋海オフィシャルサイト

「仏像の道」の撮影を終えた長倉氏 2008年

◆主な写真集

「サルバドル 救世主の国」(JICC)
「マスード 愛しの大地アフガン」(JICC改訂版・河出書房新社)
「獅子よ瞑れ アフガン1980-2002」(発売:河出書房新社)
「南アフリカ」(平凡社)
「人間が好き - アマゾン先住民からの伝言」(福音館書店 産経児童出版文化賞)
「きみが微笑む時」(福音館書店)
「涙 - 誰かに会いたくて」(PHPエディターズグループ)
「コソボの少年」「ワタネ・マン わたしの国アフガニスタン」「ともだち」「ザビット一家、家を建てる」
「アフガニスタン 山の学校の子どもたち」(偕成社)
「人間交路 シルクロード」(毎日新聞社)

◆主な著書

「フォト・ジャーナリストの眼」(岩波新書)、「マスードの戦い」(河出書房新社)「鳥のように、川のように - 森の哲人アユトンとの旅」(徳間書店)、「ぼくが見てきた戦争と平和」(バジリコ)など。

◆主なテレビ報告

「革命家マスードの闘い」「わが心の旅 - 内戦の子どもたちはいま」「森の声を訊け」などがある。2004年に出演した「課外授業・ようこそ先輩 - 世界に広がれ笑顔の力」はカナダ・バンフの国際テレビ祭で、青少年・ファミリー部門の最優秀賞ロッキー賞を受賞した。

  • 展示レポートはこちら
  • 長倉洋海写真展 「人間交路 - シルクロード」トップページへ戻る

長倉洋海写真展 シルクロード-2007-

ページトップへ戻る