content

会場レポート - 宇宙から見たオーロラ展2009

世界天文年2009日本委員会公認企画★コニカミノルタプラザ特別企画展 宇宙から見たオーロラ展2009 2009/1/5 MON  » 23 FRI 10:30am - 7:00pm ※最終日は3:00pmまで コニカミノルタプラザギャラリーB&C 期間中無休 入場無料

会場レポート

「宇宙から見たオーロラ展2009」開催

2009年の年頭を飾るコニカミノルタプラザ特別企画展「宇宙から見たオーロラ展2009」が、1月5日(月)より当館ギャラリーB&Cにてスタートしました。開催初日から会場には親子連れをはじめ、たくさんのお客様にご入場いただき、普段目にすることの少ない宇宙から見たオーロラの写真や映像を中心に、各種展示を興味深くご覧いただきました。

ギャラリーBに入ってすぐのモニターでは、オーロラの発生や構造などを解説したビデオを上映。常に数名のお客様が足をとめてご覧になっていました。「宇宙から見たオーロラ写真」のコーナーには、通常のパネルのほか、地球を背景に浮かび上がるオーロラを美しく再現するために、電飾看板で使用されるバックライトで透過するタイプのパネルも掲示しました。また、ギャラリーBの奥の壁全体を覆う巨大スクリーンではスライドショーも上映され、訪れたお客様の目を引いていたようです。

今回は、スペースシャトルで宇宙に飛び立った日本の宇宙飛行士、毛利衛さん、野口聡一さん、土井隆雄さんらが実際にオーロラを撮影した貴重な写真も展示しています。それに関連して、ギャラリーCには宇宙飛行士が船外活動をする際に着用する宇宙服とメニュー豊富な宇宙食も展示。お子様には特に人気の高いコーナーとなっていました。

昨年開催の「宇宙から見たオーロラ展」で大好評だった「Live!オーロラ」コーナーを今回も実施。北米アラスカからのリアルタイム映像は、前回同様、たくさんのお客様を集めていました。また、ライブ映像の隣には「オーロラ中継ベスト・セレクション」と題したこれまでのオーロラ中継のハイライトシーンも上映。開催期間中、果たしてこれらの映像を超えるオーロラは出現するのでしょうか…。

1月5日(月)は展示のほかに、オーロラ研究の第一人者である上出洋介教授による「オーロラなんでも質問コーナー」が設置されました。手もとのパソコン画面を見せながら、ときにはブースを離れて写真や解説パネルのそばで、お客様からの一つ一つの質問に対して上出先生がていねいに答えられていたのがとても印象的でした。

寄せられた質問には初歩的なものから専門的なものまでありましたが、中でも「宇宙の音」コーナーについての質問が多かったようです。鳥のさえずりにも聞こえるその音は確かに不思議で、多くの方がなぜ?と思ったに違いありません。この質問コーナーは1月17日(土)、18日(日)にも設置されますので、ご来場いただいた際にはぜひ気軽にお立ち寄りください。

展示は1月23日(金)※まで続きます。皆様ぜひ一度、この「宇宙から見たオーロラ展2009」に足を運んでいただければ幸いです。
※最終日のため開場は15時まで

  • 開催概要
  • 展示内容
  • 会場レポート
  • 宇宙から見たオーロラ展トップへ戻る
  • コニカミノルタ プラネタリウム"満天"
  • 宇宙から見たオーロラ展 2011
  • 宇宙から見たオーロラ展 2010
  • 宇宙から見たオーロラ展 2008

ページトップへ戻る