content

潮田展子写真展


作者コメント

ダンプス村は首都カトマンズからポカラまで国内便で50分、そこから山道を車に揺られて2時間ほどの、ヒマラヤの麓の村です。棚田で作る米の他に、これといった現金収入のない貧しい村です。この村の素朴な佇まいに惹かれて旅を重ねるようになりました。ガイドのグン・ジャガンさんと一緒に村を歩いていると村人と顔見知りになり、お茶や食事に呼ばれるようになりました。
ここはモンゴル系のグルン族の多く住む村です。素朴で温厚な村人の気質に触れると、まるで故郷へ帰ってきたような心地よさを覚えます。経済成長をとげた日本人が豊かさと引き換えに失ったものが、ここにはまだ豊かに息づいています。政情も経済も不安定ですが、子どもたちの未来に幸いあれと願いながら、村の暮らしをドキュメントしました。

作者略歴

潮田展子(うしおだ・のぶこ)

1944年 生まれ。
アジアの国々に興味を持ち、中国、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、ラオス、ネパールへ旅をする。
2002年 写真展「ベトナムに魅せられて」 JCIIクラブ25
同写真展にて、林忠彦賞ノミネート
2004年 写真展「祈りの民ネパール」 銀座アートギャラリー
2004年・2005年・2006年に地元木更津のかずさアートギャラリーで個展を開く
現在、現代写真研究所の尾辻弥寿雄ゼミに在籍

展示作品

モノクロプリント 大全紙・全紙 約50点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る