content

イレーネ賀集写真展


作者コメント

パプアニューギニアの奥地は赤道直下ですが、標高が高いので暑くありません。道路も電気も水道もない未開の村へチャーター・ヘリコプターで訪問しました。村へ到着してから、私一人だけを泊めてもらえないかと村人と交渉した結果、パイロットには二日後に迎えに来てもらうことにしました。外国人が寝泊りをするのは、私が初めてだったそうです。
今回の写真展では、この村の人々の日常生活を紹介したいと思います。

作者略歴

イレーネ賀集(イレーネ・がしゅう)

1958年 ブエノスアイレス生まれ
1980年 ブエノスアイレス国立大学法学部卒業
1981年 弁護士資格取得
1988年 慶応義塾大学大学院法学研究科博士課程修了
1985年 一眼レフカメラを購入して以来、愛機とともに83カ国訪問
2000年 東京写真月間2000「東京発・留学生の写真展」にて入選
2001年 「女性だけの写真展・ネイチャーフォトの部」にて入選
2003年 「女性だけの写真展」にて準優秀賞受賞
2004年 「第14回モルフォ展」にてSAI'S賞受賞
2005年 大学婦人協会にて講演「パプアニューギニアの女性」
個展「シンシン・パプアニューギニアのポートレート」東京富士フォトサロン
2006年 鶴ヶ島市第6回南の精霊展にて講演「パプアニュ-ギニアの人々、こころ」
2007年 朝日新聞「旅の思い出」にて最優秀賞受賞
現在、NHK Worldラジオ日本勤務、三ヶ国語(西・英・日)の翻訳を手がける
社団法人 日本アルゼンチン協会 理事、NPO法人 日本・パプアニューギニア協会 理事

展示作品

カラープリント 半切・全紙 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

パプアニューギニア政府観光局日本事務所
(別ウィンドウで表示されます)


ページトップへ戻る