content

フランス・ランティング写真展


弊社開催趣旨

コニカミノルタプラザは、世界的に著名な自然写真家フランス・ランティング写真展「Our Living Planet」を開催いたします。大自然に抱かれながら生きる野生動物の生態やポートレート、地球の自然の息吹を捉えた風景作品をご覧頂くことで、かけがえのない地球環境とその生態系を守り、自然と共生することの大切さを多くの方々に感じ取っていただきたいと考えます。

内容構成

フランス・ランティング氏は、世界中の様々な場所で、野生動物の生態や自然環境と私たちとの関わりをドキュメントしている、現在最も偉大なネイチャー・フォトグラファーの一人と称されています。30年近くにわたり、世界6大陸をフィールドワーク。その成果は、「ナショナル ジオグラフィック」誌をはじめとした雑誌や数々の作品集、展覧会などを通じて、世界中の人々を魅了してきました。
2006年には、地球上の生命史をテーマとした壮大な映像詩プロジェクトである“LIFE”を立ち上げ、従来の発表形態にとどまらず、メディアアート的手法を用いたプレゼンテーションを展開し、その評価を揺るぎないものとしました。
野生生物や貴重な自然環境を、生態系保全のための象徴として映像化したランティング氏の作品は、危機に瀕した生物や地球環境に対する人間の意識を向上させるような、示唆に富んだ影響力を持っています。
本展は、私たちのかけがえのない地球環境とそこで育まれた生命の輝きをテーマに、フランス・ランティング氏の代表的な作品の中から、野生動物たちの“ポートレート”や地球の生命力を見事に捉えた風景作品を織り交ぜながら展示構成いたします。“科学者の頭脳、ハンターの心、詩人の眼力を持つ写真家”とも評されるランティング氏の、アートとサイエンスを横断する、独自の映像世界をご紹介いたします。この機会に是非ともご高覧下さい。

作者略歴

フランス・ランティング(FRANS LANTING)

1951年オランダ・ロッテルダム生まれ。アメリカ・カリフォルニアをベースにグローバルな活躍をしている、現在最も優れたネイチャー・フォトグラファーの一人。
「ナショナル ジオグラフィック」誌をはじめとした雑誌、作品集、展覧会を通じて、世界中から高い評価を獲得している。
英国王立写真協会の特別研究員、WWF(世界自然保護基金)の評議員などを歴任。国際環境保護写真家連盟(ILCP)のメンバーとしても活動している。

フランス・ランティング


受賞

世界報道写真大賞(World Press Photo Award)、BBCワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー賞、アンセル・アダムス賞、レナート・ニルソン賞など写真賞の受賞歴多数。2001年には、オランダの最も栄誉ある環境保護勲章である、ゴールデンアーク勲章をオランダ王室から授与された。

作品集

Madagascar, A World Out of Time(1990年)、Forgotten Edens(1993年)、Okavango: Africa's Last Eden(1993年)、Bonobo, The Forgotten Ape(1997年)、Eye to Eye(1997年)、Living Planet(1999年)、Penguin(1999年)、Jungles(2000年)、Life: A Journey Through Time(2006年)

展示作品

カラープリント サイズ未定 約30点を予定

主催

主催:コニカミノルタホールディングス株式会社
協力:株式会社アマナイメージズ


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

開催期間
2009年12月22日(火)~2010年1月12日(火)
※2009年12月28日(月)と、2010年1月12日(火)は15:00まで。
※2009年12月29日(火)~2010年1月4日(月)の間は休館となります。

  • 日本オランダ年2008-2009
    認定イベント

    日本オランダ年 2008-2009 Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv, 1953-2009

ページトップへ戻る