content

豊田康太写真展


作者コメント

写真は、まだ意味に達していない時間と空間の断片を克明に描写するものの、厳密には不可解であり、不完全で曖昧な要素を多くはらんでいる。しかし、そのような「わからない」という写真がもつ途方もない自由な領域に触れると、不安や戸惑いと同時に、新鮮な感覚を呼び覚まされ、驚きで心が騒ぐことがある。いつも行き当たりばったりで、釈然としないまま、不自由に切り取られたはずの断片から生じる無限の自由度、そんな写真のもつ不思議な矛盾に引き込まれていく。
町、そして人との関係の中で、写真が捉える形そのものに対して意識してしまうのである。

作者略歴

豊田康太(とよだ・こうた)

1974年 静岡県生まれ
オクラホマシティ大学MLA(Master of Liberal Arts)修了。
その後、ニューヨークにてフリーランスとして活動。
2005年 帰国後から日本の町風景の撮影に取り組み始める。

写真展

2007年 コニカミノルタ フォト・プレミオ「祭壇に楔を」 コニカミノルタプラザ

展示作品

モノクロプリント 全紙他 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る