content

宮嶋康彦写真展


作者コメント

カバの渡来は明治44年。しかし、日本で飼育されていたカバは太平洋戦争中に全頭死亡。昭和27年、アフリカから戦後初めて渡来した野生カバは三頭、一頭が200万円だった。その後、順調に繁殖頭数を増やし、今ではタダでも要らない、というほど増えた。近ごろ飼育展示法に工夫をした動物園が人気を博すなか、カバは相変わらず旧態依然とした施設で飼われている。あたかもそこがカバ族の故郷でもあるかのように天寿を全うし、子孫を増やし続けてきたカバだが、今は、一頭だけで飼育されていたり、産児制限で雌雄別居を強いられたり、不遇を託っている。日本人はカバをどのように処遇してきたのか。飼育下のカバ、野生のカバの姿態を通して、人とカバについて考えながら、生態、魅力についても紹介するカバの写真展は日本初である。

作者略歴

宮嶋康彦(みやじま・やすひこ)

1951年 長崎生まれ
1985年 プレイボーイ・ドキュメントファイル大賞受賞
同年カバの取材を開始
1985年 『朝日ジャーナル』にカバの記事「カバの池から人が見える」12カ月連載
1986年 NHK特集『カバのゴットファーザー』制作に携わる。
1988年 『河馬の方舟』(朝日新聞社)出版。
1989年 『日本カバ物語』(情報センター出版局)出版。
1990年 『キボコ』(情報センター出版局)写真集出版。※キボコはスワヒリ語でカバ
1991年 『アフリカ カバ探検』(偕成社)出版。
1992年 『だからカバの話』(朝日新聞社)出版。
1997年 『地球ファミリー』「カバ、増えすぎた悲劇」出演、制作に携わる。
2004年 『カバのしあわせ』オリジナルプリントによる自作本(製本、デザイン、販売)出版

展示作品

カラー・モノクロプリント 半切 約60点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る