content

村越としや写真展


作者コメント

故郷を離れて東京に住むようになり、写真を始めて色々な場所へ出かけた。それは無意識に、子供の頃に見てきた風景に近づこうとする行為なのかなと思った。
人は次々とかつての風景を喪失してゆく。写真はその失われてゆく風景を繋いでくれる。だからもう一度、自分が生まれ育った風景と向き合い、撮ろうと思った。僕は故郷の空気に逆らうことなく、あの時のあの頃のあの風景を探して、曖昧になった記憶を紡ぐように静かに写真を撮った。
僕は、写真で自分の故郷を表現しようとは思っていない。ただ故郷の風景には、今まで過ぎていった僕の時間があり、これから過ぎてゆく僕の時間がある。それが積み重なり、写真になってゆく。
僕は故郷の風景が好きだ。

作者略歴

村越としや(むらこし・としや)

1980年 福島県生まれ
文化服装学院中退 日本写真芸術専門学校卒業
現在、フリーカメラマン

写真展

2004年 個展「去るモノの論理」 プレイスM
グループ展「almanac#3...depositarsmeeting」 art&river bank
2005年 個展「彼岸花」 プレイスM
グループ展「GAW展 partV」 新宿ゴールデン街
2006年 個展「あめふり」 プレイスM
2007年 グループ展「GOLD RUSH」 プレイスM
2008年 naguneにて個展開催予定

出版

2006年 「あめふり」 蒼穹舎
2008年 蒼穹舎より写真集出版予定

展示作品

モノクロプリント 半切 約35点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る