content

兼平雄樹写真展


作者コメント

関東大震災後の復興建築として生まれ、後の団地等の原形となった同潤会アパート。清砂通りアパートは全16棟、663戸という同潤会最大のアパートで、深川の地に76年間建ち続けていました。東京大空襲では躯体を残して焼き尽くされながらも、生き残った方々の尽力によって奇跡的な復興を成し遂げました。ここには平成の世に移り変わっても「時代から失われてゆく共同体の暮らし」があり、またそれを継承してきた住民の姿がありました。ですが、この歴史あるアパートも建物の寿命からは逃れようがなく、住民自身の高齢化と相まって、ついに建て替えがなされました。「汚いところばかり撮りやがって」。住民から罵声を浴びせられることから撮影が始まり、やがて自らここに移り住み、アパートの一員として受け入れていただくことで、解体を終えるまで撮影を続けることができました。この作品は清砂通りアパートの日常生活に寄り添いながら写した、最期の7年間のドキュメンタリーです。

作者略歴

兼平雄樹(かねひら・ゆうき)

ホームページ http://www.apartment-photo.gr.jp

1969年 東京都生まれ
法政大学社会学部 情報コミュニケーションコース 及び 東京綜合写真専門学校 卒業
1992年 一眼レフカメラを購入し写真を始める。最初の被写体は代官山同潤会アパート。
1996年 代官山アパートの解体を契機に、同潤会アパートをはじめとする、東京の歴史ある集合住宅の撮影を本格的にスタート。
2000~
2003年
清砂通り同潤会アパート(江東区木場)在住。解体が終わるまで撮影を行う。
2001年 広告写真制作会社を退社し、以後、消えゆく同潤会アパートの写真による記録に専念。
2002~
2003年
建築家や研究者などで組織される「同潤会の建築を考える会」「江戸川アパートメント研究会」に記録保存スタッフとして参加。各アパートの解体終了までを撮影。
これまで撮影してきた同潤会アパートは計8箇所。うち7箇所が既に解体、建て替えをされている。現在はただ一つ残されたアパートの撮影と写真集出版を目標に、これまでの作品をまとめる作業を続けている。

写真展

2001年 企画展「水辺のモダン」出展 東京都現代美術館
コニカフォトプレミオ「飴色の街 清砂同潤会アパート」 コニカプラザ
2003年 企画展「わたしの同潤会アパート展」出展 日本建築学会 建築博物館
2004年 「消えゆく同潤会アパート展」出展 リビングデザインセンター OZONE
2005年 個展「同潤会江戸川アパートメント」 コニカミノルタプラザ
2006年 「Tokyo East Perspective」出展 アサヒアートフェスティバル参加企画

常設展示:集合住宅歴史館
作品収蔵:清里フォトアートミュージアム
資料写真収蔵:江戸東京博物館

展示作品

カラープリント 半切 約100点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る