content

展示概要 - 高砂淳二写真展

コニカミノルタプラザ特別企画展 高砂淳二写真展 虹の星 ~The Rainbow Planet~

2008年7月2日(水)~22日(火)10:30~19:00(最終日は15:00まで)

展示概要

ナイトレインボーから世界の虹へ

海の中の生物から風景まで地球全体をフィールドに、自然とのつながりや人とのかかわり合いをテーマに活動する写真家、高砂淳二。
ハワイアン先住の自然観にも惹かれ、先住民の知恵を伝承する人との出会いから生まれた、月の光に照らされて出る「夜の虹 night rainbow」の写真集は大きな話題になりました。
この「ナイトレインボー」は満月の夜に大空に架かる虹で、めったに現れることがなくこの世でもっとも素晴らしい祝福だといわれています。
自然の力を知り、自然に恐れを抱きながら体と心で向き合うと、その奥深さがあらためて感じられるといいます。
そして2008年6月、世界各地で撮り下ろした虹の写真集「虹の星」(小学館)発刊に会わせ、コニカミノルタプラザのギャラリー2部屋(B&C)を使って大型の写真展を開催いたします。
古代アイスランドの神話では、虹は神々が地上に降りてくるための架け橋。
中央アメリカでは、死者があの世へ行く道。
古代ハワイでは幸せのナイトレインボー。
インドの伝説では軍神の弓。
世界に様々な言い伝えがある虹の世界、地球でもっとも美しい光景の中で幸福感に浸って頂きます。
また、会場の音楽はネイチャーサウンドアーティストのジョー奥田が担当。自然の素晴らしさを会場全体で演出いたします。

構成:写真約60点 750mm×500mm、1050mm×750mm、他
主催:コニカミノルタプラザ
協力:小学館、G.I.P.Tokyo、ハワイ州観光局、アイルランド政府観光庁、ニュージーランド政府観光局、KEA Campers

高砂淳二(たかさご・じゅんじ)

1962年、宮城県石巻市に生まれる。宇都宮大学工学部在学中にオーストラリアを放浪。ダイビングと写真を始める。
卒業後、『月刊ダイビングワールド』の専属カメラマンを経て1989年に独立。
ホームページ http://junjitakasago.com/

巨大な虹が出現

JR新宿駅構内、東口改札付近に、巨大な虹が出現しました。

7月15日まで、掲示されていますので新宿駅を通られる際には是非ご覧ください。

  • 開催概要
  • 開催イベント
  • スライドショー
  • 壁紙ダウンロード
  • 高砂淳二写真展トップへ戻る

展示レポートはこちら

ページトップへ戻る