content

武田孝巳写真展


作者コメント

タイトルの「ヌック・クメール」とは、カンボジア語(=クメール語)で“愛しいカンボジア”という意味です。主として2003年以降の写真をまとめようと思いプリントを並べて見ていると、その時々にお世話になった人、知り合いになった人、(もちろん)被写体になってくれた人等が思い出され、親しみと懐かしさと感謝の念が湧いてきました。そしてこのような思いから、前記のようなタイトルを付けることとしました。カンボジアの写真は'98年から撮り始めており、それ以降何度もこの国を訪れ、シャッターを切っています。その要因は、ひとえにこの国の人々の“貧しくても逞しく生きる姿”や“素朴な生き様”に惹かれてのことだと思います。実に多くのことを学ばせていただきました。
写真展は、私が気にとめたこの国の断面を[街]、[ゴミ捨て場の集落]、[水上集落]、[農村地帯]として構成します。

作者略歴

武田孝巳(たけだ・たかみ)

1953年 山形県生まれ
1972~97年 都内、設計事務所に勤務
1993~98年 現代写真研究所にて写真を学ぶ
1994年 新宿を撮り始める
1998年 カンボジアを撮り始める

写真展

1999年 「新宿・カオスの断章」 土門拳記念館、新宿ニコンサロン
2002年 「クメール・ピープル」 銀座ニコンサロン

受賞

1999年 「新宿・カオスの断章」にて第5回酒田市土門拳文化賞

展示作品

モノクロプリント 半切 約60点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る