content

増山たづ子写真展


作者コメント

増山たづ子さんは、2008年5月に完成した日本最大の徳山ダム(岐阜県)のため、水没した故郷、旧徳山村の記録写真を撮り続けた村の女性です。初めてカメラを手に取ったのは、1977年秋、60歳の時でした。ダムのために廃村が決まり、せめて記録を残そうとしたのです。すべてコンパクトカメラで撮った素朴な写真は、多くの人の胸を打ち、1984年、エイボン女性功績賞を受賞しました。「父ちゃんが帰ってきたら見せないかん」といつも話をしていました。戦場から帰ってこなかった夫が、万が一生還しても故郷はもうない。「せめて写真でみせてやりたい」と言うのです。願いはかなわぬまま、増山さんは2006年、88歳で亡くなりました。あとには、7万コマのネガが残されていました。本写真展は、生前未発表だった作品を中心に選び直し、約100点を展示するものです。

作者略歴

増山たづ子(ますやま・たづこ)

1917年
(大正6年)
岐阜県旧徳山村(現在、揖斐川町)生まれ
1945年
(昭和20年)
夫、徳治郎さん「戦死」
1977年
(昭和52年)
ダムのため廃村がほぼ決まり、写真を撮り始める
1984年
(昭和59年)
エイボン女性功績賞を受賞
1985年
(昭和60年)
離村
2006年
(平成18年)
3月、88歳で死去
2008年
(平成20年)
5月、徳山ダム完成

展示作品

カラー・モノクロプリント 全紙他 約100点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る