content

北田祥喜写真展


作者コメント

僕は和歌山で生まれました。でも和歌山は「故郷」ではなかった。それは、生まれてすぐ父の都合で地方を転々としたからだ。前作「和歌山ブルース」では虚構の「故郷」を作り上げる事ができた。その後も、和歌山に入り浸り和歌山を撮り続けた。撮り続けるうちにその地に住む人達と、大都会に翻弄された僕とは、明らかに歩く歩幅が違っている事に気付かされた。それは歩いた痕跡、生活の痕跡である。僕は無意識に歩幅を合わせ、痕跡を辿り始めた。辿っていると、そこでは人の温度を感じ、呼吸も聞こえてきた。古より続く人々の生活。生と死の物語も見えてきた。「続・和歌山ブルース」これで少し和歌山に同化し、成長できたと思う。

作者略歴

北田祥喜(きただ・よしのぶ)

1987年 和歌山県生まれ
2002年 メディカルネクスグループ内で広告写真撮影
2005年 イベント制作会社にてファッションショーなどイベント撮影
2006年 商用ポートレートをロケ中心に撮影
2007年 食糧経済通信東京支社にて写真記者
2008年 宝塚造形芸術大学造形学部産業デザイン学科写真4回生在籍中

主な個展

2007年 「和歌山ブルース」(コニカミノルタ フォト・プレミオ)コニカミノルタプラザ・東京
「和歌山ブルース」ギャラリー176・大阪

主な著作

2007年 写真集「和歌山ブルース」図録出版
2008年 和歌山新報社 写真「和歌山ブルース」日曜日第一面連載

コレクション

2008年 清里フォトアートミュージアム

展示作品

カラープリント 750mm×500mm 約30点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る