content

綿貫淳弥写真展


作者コメント

秋山郷とは長野と新潟の県境に位置する日本有数の豪雪地帯です。2004年の3月から主に長野県側の小赤沢、屋敷、上野原という集落を中心に通い続けています。自然が美しく厳しいということは、それだけでそこに生きる人の営みを深く自然と同調させているのかもしれません。「一八豪雪」と呼ばれた2006年、大雪の影響で里との交通は一ヶ月近くも途絶えました。そこにはかつての陸の孤島の姿があり、厳しい風土を受け入れて生きる人間の強い姿がありました。

作者略歴

綿貫淳弥(わたぬき・じゅんや)

1981年 長野県生まれ
2002年 日本写真芸術専門学校卒業 写真家 樋口健二氏に師事
2005年 清里フォトアートミュージアム ヤングポートフォリオ収蔵

展示作品

モノクロプリント 全紙・全倍 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る