content

谷井隆太写真展


作者コメント

私は観光地の集合写真撮影の仕事を辞め、久しぶりに東京の街をファインダー越しに眺めてみた。すると人々が映画のエキストラのように存在を消し、無機質な街と同化していることに気がついた。仕事で撮影した集合写真の中の人々は、皆が笑顔で十人十色の顔をしていた。もちろんふざけて笑顔でない人もいたし、正面を向かず遠くを物憂げに眺める人だっていた。記念の集合写真の撮影ともなれば皆が各々の姿をして、自己の存在証明を示していたのである。それは空間が違えど、街の雑踏にまみれて希薄な存在となってしまった人々においても、同じように示せるのではないか……。私はそのような思いで街の人々の姿を撮影し、自由で自律した存在として作品におさめようと試みた。

作者略歴

谷井隆太(たにい・りゅうた)

1979年 兵庫県生まれ
2004年 法政大学文学部卒業 博物館学芸員資格取得
2006年 文教スタヂオ退社

写真展

2004年 グループ展 発展号「おとなのてんらんかい」 ギャラリー Out-Lounge
2005年 グループ展 発展号「まばたきの音楽」 ギャラリー Out-Lounge
2006年 グループ展 発展号「綱(ツナ)がりたガリ」 ギャラリー Out-Lounge
2007年 グループ展 発展号「童心盆にかえらず」 千葉市美術館

展示作品

カラープリント A3ノビ 約35点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る