content

長野重一写真展


作者コメント

1980年代から撮り始めたシリーズ「遠い視線」の近作です。東京の街とそこに生きる人たちの姿をモチーフにしてスケッチをした、モノクロ50点の写真を展示します。
(撮影:2003~2007年)

作者略歴

長野重一(ながの・しげいち)

1925年 大分県生まれ
1947年 慶応義塾大学経済学部卒業 週刊サンニュースの編集者として入社
1949年 岩波写真文庫に写真部員として入社
1954年 岩波写真文庫を退社後フリーランスとして活動する

主な個展

「遠い視線」(1986年 銀座ニコンサロン)
「遠い視線II」(1988年 銀座ニコンサロン)
「私の出逢った半世紀」(1994年 コニカプラザ)
「研究・長野重一の写真学」(1997年 ガーディアン・ガーデン)
「この国の記憶」「東京好日」(1998年 コニカプラザ)
「この国の記憶・長野重一写真の仕事」(2000年 東京都写真美術館)
「東京 双つの貌」(2002年コニカプラザ)

主な写真集

「ドリーム・エイジ」(1978年 朝日ソノラマ)
「遠い視線」(1989年IPC)
「1960」(1990年 平凡社)
「東京好日」(1995年 平凡社)
「時代の記憶1945-1995」(1995年 朝日新聞社)
「この国の記憶・長野重一写真の仕事」(2001年 日本写真企画)
「遠い視線」(2001年 ワイズ出版)
「HYSTELIC FORTEEN長野重一」(2005年 ヒステリックグラマー)

受賞

1960年 日本写真批評家協会作家賞、カメラ芸術大賞
1986年 伊奈信男賞
1991、1995年 日本写真協会年度賞
2006年 日本写真協会功労賞

展示作品

モノクロプリント 半切 約50点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る