content

竹下太郎写真展


作者コメント

故郷とは、生まれ育った場所を指す言葉なのだろうか。東京に生まれ、東京に育った僕にとって、それは残酷な定義だ。僕は未だこの街に「故郷」を感じたことがない。カメラを片手に海を渡った異国の地。生まれて初めて目にする風景。それなのに、その空気が、匂いが、人が、街が、僕の故郷のイメージの断片に結びついた。故郷とは何か。もしかしたらそれは、心の中にあるものなのかもしれない。

作者略歴

竹下太郎(たけした・たろう)

1986年 東京都生まれ
2005年 国立筑波大学付属高等学校卒業 早稲田大学第二文学部入学
写真を撮り始める
2006年 渡部さとる主宰ワークショップ2Bにて写真を学ぶ
ワークショップ2Bグループ展vol.7「茫然自失」 Gallery LE DECO
現在、大学在学中

展示作品

モノクロプリント 半切 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る