content

南日伸夫写真展


作者コメント

新潟県新発田市(旧紫雲寺町)にある周囲800メートルの小さな潟「清潟(きよがた)」が写真の舞台です。ここに流れ入る川はなく、水の供給は天からの恵みと、伏流水と思われる湧き水のみの閉ざされた立地条件の中で、絶滅危惧種を含め数々の水生植物・昆虫たちが共生しあって、その名前のとおり自然豊かな環境を創り上げています。
この小さな湖面で、水辺に映し出される自然の営みの変化を湖面だけにレンズを向け、宝物を探して参りました。ごく、ありふれたことが宝物になって現れてきます。清潟の水辺に生きる生命、清らかな水、そして大気である空が奏でる三重奏をご覧下さい。

作者略歴

南日伸夫(なんにち・のぶお)

1953年 新潟県生まれ
  関西大学経済学部卒業 写真部所属
2000年 第1回日本海自然写真大賞受賞 他、多数コンテストで受賞
現在、新潟県新発田市在住 個展を中心に活動中

写真展

2002年 「森語り」~木々たちの鼓動~
コニカプラザ
2003年 「森語り」~木々たちの鼓動~
蓮のギャラリー(新潟県聖籠町)
2004年 「森語り」~木々たちの鼓動~
温・温(さいたま市)
2005年 「湖面」~映るいろどり~
きゃらりー宙[そら](新潟県荒川町)

出版

2001年 「森語り」 にほんかい自然写真学校・新潟県豊栄市発行

展示作品

カラープリント 全紙・全倍 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る