content

遠藤 晶写真展


作者コメント

アフリカ大陸の北に位置するモロッコといえば「沙漠」のイメージが強いように思います。しかし、僕の興味は街、旧市街にありました。1000年の歴史に培われた大小の街を訪れた時、そこには昨日まで知らなかった人たちの暮らしがありました。朽ち果て何度も塗り替えられた漆喰の壁をたどって狭い路地の奥へと入って行くと、一見哲学者のような風貌をして座っている老人や、未来を担うべく、逞しく活き活きとした瞳を待った子供達が遊ぶ光景に出会います。モロッコの大小の旧市街を巡り、印象的な人々や街の姿を「一期一会」の気持ちでカメラに収めていきました。タイトルのShebbakia(シュバキア)は、かりんとうによく似ているお菓子です。僕が訪れたのは丁度ラマダン(断食月)の時期で、ラマダン後の食事時にハリラとセットのように出てきます。旅をしている間、食べなかった日はないくらいなので、モロッコというとすぐこのお菓子が頭に浮かんで来るのです。

作者略歴

遠藤 晶(えんどう・あきら)

www.akiraendo.com  (別ウィンドウで表示されます)

1967年 東京都生まれ
1990年 音楽大学音楽学部ピアノ科中退
音に変わる表現手段として写真に興味を持ち、現像、プリント表現の技法を独学で学ぶ
1993年 ファッションカメラマンに師事
1999年 個展を機に独立 現在に至る

写真展

1999年 個展「Hanoi-VietNam」 コダックフォトサロン
2001年 個展「Monologue」 保加梨ファインアート
2003年 個展「EXPOSURE」 優美フォトギャラリー
個展「西への旅」ウィーン~ナザレ コダックフォトサロン
2004年 個展「Monologue 2」 DAZZLE
2005年 個展「Medina-morocco」 DAZZLE
グループ展「三家猫展」 DAZZLE
2006年 個展「ひぐらし」  DAZZLE
2007年 個展「Vietonameseベトナミーズ」ギャラリー・イーエム西麻布
グループ展「三家猫展Vol.2」DAZZLE

展示作品

モノクロプリント 16×20インチ 約35点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る