content

向井直子写真展


作者コメント

日々をたいせつに過ごすこと、身のまわりにはたいせつにするべき人や物事がたくさんあるということ、それらを写真で表現しました。2005年春、初めて中判カメラを手にしました。カメラらしいその重さとシャッター音のここち良さから、夢中で撮影を始めました。

撮影場所は旅先や住む町、故郷である広島です。私の身近にいる家族、町の中で出会った見ず知らずの方まで、カメラを通して数々の出会いを体験しました。そして私が愛しく感じる瞬間は、日常のなにげないしぐさや表情の中にあるのだと気づきました。

出会いを素直に受け止めて、それに素直に反応し答えること。写真を通じ、私の素直な気持ちが皆さまに伝わりますよう願っております。

作者略歴

向井直子(むかい・なおこ)

2006年 女子美術大学芸術学部デザイン学科VCDコース卒業

展示作品

モノクロプリント 全紙 約35点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口より徒歩1分

ページトップへ戻る