content

大野一雄写真展


大野一雄について

1906年、函館に生まれる。
1960年代、日本の風土に根ざした新しい文化そして特異な舞踊表現「舞踏」がうまれた。お互いにその才能を認め合った先駆者・土方巽とともにオリジナリティー溢れる舞踏の世界を築いた。
その大野が1980年74歳の時にフランス・ナンシー演劇祭で衝撃的な国際デビューをはたし、以後世界各地に招かれ公演を重ねた結果、「KAZUO OHNO」は舞台芸術のみならず世界の文学、音楽、視覚芸術などに影響を与えてきた。
100歳になる今もなお、舞踏家として車いすから魂の踊りを発信している。

大野慶人コメント

国吉和子コメント

石井達郎コメント

細江英公コメント

いわためぐみコメント

本永恵子コメント

松岡正剛コメント

 
 

ローカルナビゲーション

大野一雄誕生100年祭 舞踏家 大野一雄写真展 ~秘する肉体[からだ]~

展示内容

大野一雄について

出品者紹介

大野一雄写真展トップ

アクセス

スケジュール一覧に戻る スケジュール一覧に戻る

 
 
 
 

ページトップへ戻る