content

古写真

展示写真一部紹介

展示写真一部紹介へ戻る

「人力車」~時代を駆け抜ける~

人力車 写真協力:日本カメラ博物館人力車

エピソード

人力車は明治3年から本格的に始まりました。しかし当時の道路は整備が悪く、車輪は今のようなゴムのタイヤではなく、木製の車に鉄輪をはめ込んだもので、振動がかなりありました。そのため妊婦の流産事故や転覆事故がよくあったそうです。車夫の多くは人力車の人気で廃業になった籠屋か没落した士族、土地を失った農民や町の失業者で、老人や体力のない若者でも簡単にその職に就けました。そのため乱暴な運転をするものや、途中で力尽きる車夫もいたようです。それでも人々の足として親しまれた人力車は、明治時代の写真によく登場します。



ローカルナビゲーション

古写真で感じる当時の日本

  • 展示概要
  • 展示写真一部紹介
  • 人力車~時代を駆け抜ける~
  • ペリー提督~復元されたボタン~
  • 物売り~運んではかって~
  • 古写真トップへ戻る

ページトップへ戻る