content

柴山淳写真展


作者コメント

見慣れた街の景色でも心を動かされることがある。

街は時間の流れとともに常に変化している。それは、街が人の生活や動植物のライフサイクル、都市開発や建物の老朽、天候などの要素によって成り立っているからだと思う。そのような街の変化を見たくて、何度も同じ場所を徘徊してしまう。

作者略歴

柴山淳(しばやま・あつし)

1970年 東京都生まれ
1994年 東京農業大学農学部農学科卒業
  現在、会社員

展示作品

カラープリント 全紙 約30点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口より徒歩1分

ページトップへ戻る