現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
過去の展示
8月のスケジュール
2005年度 フォト・プレミオ 年度賞受賞発表展
content

2005年度 フォト・プレミオ 年度賞受賞発表展


「フォト・プレミオ」は、1999年、写真制作意欲及び写真表現技術に富む若い方々に対し、作品発表の機会を提供すると共にその活動を奨励することを目的に創設されました。年4回の募集期から年間24名を選出し、毎月2名ずつ写真展を開催します。その中から、大賞1名、特別賞2名が年度賞として選出され、大賞受賞者には100万円、特別賞受賞者には各50万円の奨励金が授与されるとともに、翌年度に受賞発表写真展として3名による合同展が新宿・コニカミノルタプラザにて開催されます。
なお、フォト・プレミオの主催は、コニカミノルタホールディングス株式会社、運営事務局はコニカミノルタプラザ(コニカミノルタビジネスエキスパート株式会社)が実施しております。

2005年度は、大賞に、山方 伸(やまがた・しん)氏の「bee fly」が選出され、特別賞には、一ノ瀬友紀(いちのせ・ゆき)氏の「夜想曲」と清水久美子(しみず・くみこ)氏の「ふるさと~優しい時間~」が選出されました。

大賞 山方 伸写真展 「bee fly」

大賞作品「bee fly」(山方氏)は、ハチが巣箱から花へ、そして花から花へ飛び、巣へ戻る。作者のタイトルが示すように、一カ所に止まることをしないミツバチの動きに似て、私たちの目を微細に幻惑します。どこにでもあるような日本の景色が作者のモノクローム作品のなかで魅力的に変貌するのです。
作者は「すこしだけ視点をずらしていけば日本にはまだまだ面白い風景がある」と語っていますが、そのユニークな視点は作者独自のものです。静かな語り口で、町や村の今の光景に新しい発見をもたらしています。

作者コメント

私がファインダーをのぞく時は被写体に纏わりついている日常的な意味や私的な感情はどこかへ抜け落ちてしまいます。
その時の私はカメラに一歩近づいているのかも知れません。
私は光がつくり出すかたちに集中してしまいます。

山方 伸


作者略歴

山方伸(やまがた・しん)

1973年 奈良県生まれ
1996年 高知大学理学部生物学科卒業
1999年 現代写真研究所本科修了
このページのトップへ戻る

特別賞 一ノ瀬友紀写真展 「夜想曲」

特別賞作品「夜想曲」(一ノ瀬氏)は、ベニスを中心に撮影された作品ですが、作者の世界は一定の場所の有り様を告げるものではなく、作者の脳裏に浮かんでは消えるかすかな光、そして記憶を捉えようとしたものです。なつかしさ、あやふやさ、そんな言葉がキーワードになって、作者の美しいモノクロームの世界が展開します。
すべてストレートな撮影ですが、ゴンドラの揺らぎに合わせてシャッターが切られているかのように、何層にも重なりあう光と陰が、見る者の心を動かします。

作者コメント

誰もが見たことがある、夜見る世界。
それは朝起きると克明に覚えている場面、あやふやだが雰囲気だけがかすかに記憶に残ったりする不思議なものだ。
まったく行ったことがない場所だが、懐かしく感じる光景や何かを見て心に残っている想いが夜映し出される。
「すぐに消えて、忘れてしまうような想いを写真にしてみたらどんな世界ができるのか」
人には伝えにくい、感じる想い、感じてみたい世界をベニス、プラハ、スペインなどで表してみることにした。

一ノ瀬友紀


作者略歴

一ノ瀬友紀(いちのせ・ゆき)

1979年 東京生まれ
2000年 尚美学園短期大学卒業
卒業後就職
2003年 写真を始める
2004年 東京工芸大学芸術別科修了
2005年 東京工芸大学芸術別科研究生修了
このページのトップへ戻る

特別賞 清水久美子写真展 「ふるさと~優しい時間~」

特別賞作品「ふるさと~優しい時間~」(清水氏)は、作者自身が愛しているものを見つめたい、見つめることであわただしい都会生活で忘れかけていたものを思い出したいという強いおもいがこめられています。また、自然体で捉えたカラー映像には、私たち誰もが心の中にもっているような故郷回帰への願望が色濃く見えています。
作者はカメラを通して挨拶を送るかのように、都会へ出た若い作者を温かく迎える優しい人々や、森や谷、空の雲といった日々の暮らしのなかにある心地よい空間を描いています。

作者コメント

ここは私の生まれ育った町、城西というところです。長野と愛知の県境、静岡県の山間部に位置しています。ここには都会のような刺激や利便性はありませんが、きれいな空気、おいしい水、深い山々をはじめとした豊かな自然、そしてゆるやかな時の流れがあります。この時の流れに身をゆだねているだけで優しい気持ちになれるのです。
私にとって、東京に流れる時間はあまりにも早すぎます。弱い私はふっと東京時間にのみこまれ、息苦しくなってしまうことがあります。そんな時、優しい時間の流れるこの故郷に帰りたくなるのだと思います。少しでも、ほっと一息ついていただけたら幸せです。

清水久美子


作者略歴

清水久美子(しみず・くみこ)

1984年 静岡県生まれ
2003年 日本大学藝術学部中退
2005年 東京写真学園修了
第33回APA公募展「潤す」にて入選

アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口より徒歩1分

ページトップへ戻る