現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示レポート
「創作えほん物語展」展示レポート
content

「創作えほん物語展」展示レポート

「創作えほん物語展」展示レポート

会場ができるまで

ギャラリーに運ばれた作品を、配置図で確認しながら壁際に並べていくところから会場づくりがスタート。今回はたくさんの童話作家の方に協力いただいたので、作品数がとても多くなりました。さらに、すべての作品を上下に配置せず横一列に並べて掲示するため、2つのギャラリーとも特設の壁を用意し、スペースを増やしての展示となりました。

作品を床に並べた状態で、監修の方が実際の絵本と照らし合わせながら最終的な配置をチェックしました。また、作品名や作者名(創作童話はストーリーも)が記されたプレートも作品のそばに並べていき、すべてが揃ったところで掲示開始。正確な位置をメジャーなどで測りながら、1点1点丁寧に壁面に掛けていきます。

今回の展示で、作品をほぼ同じ高さで横一列に並べたのには理由があります。絵本の原画が持っている細やかなタッチ、豊かな色彩をじっくり鑑賞していただけるように、お客様の目線になるべく近づけたかったからです。大人の方が見下ろしすぎずお子様が見上げすぎない、ちょうどいい位置をキープできたと思います。

ギャラリーBに既刊絵本の原画30点、ギャラリーCに創作童話の原画40点が飾られました。さらに、両フロアに用意したマガジンラックには、既刊絵本(ギャラリーB)や作家の他の絵本作品(ギャラリーC)を入れて、興味を持ったお客様がすぐに手に取っていただけるようにしました。最後にエントランスに大きな円形の看板を設置し、すべての展示の完成です。

展示レポートトップに戻る

ページトップへ戻る