現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
KIKIのSense of Wonder
Column KIKIの探訪記
Vol.05 イタリア ドロミテ編[ 1編 全4編 ]
content

社会・文化・芸術の展示・イベントを実施するコニカミノルタプラザが、モデル・女優のKIKIさんとお届けする言葉と写真を織り交ぜた心の旅のコラムです。

KIKIのSense of Wonder -サスティナブル・ライフを実現する豊かな感性 -Topへ

KIKIのSense of Wonderとは

  • Column KIKIの探訪記
  • プロフィール

Column KIKIの探訪記

Vol.05 イタリア ドロミテ編[ 1編 全4編 ]2010.03.01

どこからも見えてそして見渡せる 時空を越えた存在

いつからか、その姿をさりげなく探すようになりました。旅先の町で。電車から重い荷物を引きずって、駅前の広場で宿までの道のりを確かめるときの目印として。友人の運転する車から、ハイウェイの流れる風景のなかに。たいていは、どんなに都会から離れた村であっても、一軒の教会があります。立派であっても、素朴であっても、その存在を確認すると、こころの拠り所を見つけたように、なぜだかほっとした気分になるのです。

谷間の村では、遠く牧場の小屋からも、川沿いの散歩道を歩いていても、その姿を望むことができる、そんな場所に。冬のさなかに訪れた、イタリアとスイスの国境近く、ヨーロッパアルプスのはしっこに位置するドロミテ山脈。麓の村々は、避暑地であり、寒い時期にはスキーリゾートとして、人々は休暇を過ごしにきます。どんな小さな知識もないままに、滞在を決めた村は、いくつも通り過ぎてきたなかでも、もっとも谷深い場所にあり、メインの通りははじまりからおわりまで百メートルもないほどでした。

その通りのおよそ真ん中に、村の教会はありました。イタリアアルプス、ドロミテは奇岩が特徴的な山々。赤い岩肌に、おどろおどろしいかたちで迫ってくる様子は、まるで悪魔がからだをねじったような。その悪態からわたしたちを守るように、教会は凛とした佇まいでたっています。時を告げる鐘は、その姿がどこからでも見えるように、村のどこまでも届くような澄んだ音で、冷たい空気のなか鳴り響いていました。

  • 2編

コニカミノルタプラザ

コニカミノルタプラザ企画展 KIKI写真展 Sense of Wonder 開催期間3/6(土)~3/23(火)
写真展は終了いたしました。トークショーのレポートを公開しております。
コニカミノルタプラザ
Photo&Artギャラリー たくさんの作品を鑑賞できるウェブ
サイトです。楽しいコンテンツも満載!

ページトップへ戻る