現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
KIKIのSense of Wonder
Column KIKIの探訪記
Vol.04 山口県萩 島根県津和野編[ 4編 全4編 ]
content

社会・文化・芸術の展示・イベントを実施するコニカミノルタプラザが、モデル・女優のKIKIさんとお届けする言葉と写真を織り交ぜた心の旅のコラムです。

KIKIのSense of Wonder -サスティナブル・ライフを実現する豊かな感性 -Topへ

KIKIのSense of Wonderとは

  • Column KIKIの探訪記
  • プロフィール

Column KIKIの探訪記

Vol.04 山口県萩 島根県津和野編[ 4編 全4編 ]2010.02.15

興味をもつことから歴史は始まる そして次の世代へ

萩から津和野へ繋がる一本の道は、キリシタン街道と名付けられています。その歴史はというと、多くの隠れキリシタンが九州で摘発されたのちに、改宗させるために連れてこられた土地がこの一帯になり、その後、キリスト教が認められるまでのものになります。それはまた、性別年齢無差別に行なわれた壮絶な拷問などによる悲惨なものでした。
見知らぬ土地に連れてこられた信者たちは、黒い木々が押し迫ってくる山の中、人の出入りがとうになくなった廃寺に住まわされました。冬になると凍える寒さが彼らを襲い、乏しい食事しか与えられていなかったため、抗うこともできず弱い者から命を落としていきました。厳しい状況のなか、表面上のみ改宗していった者たちも多く、彼らはどの宗教ともわからぬ像に向かって祈り、そして捕らえられている人々を陰ながら支えたそうです。

当時のものはほとんど残されていません。寺のあった場所には地元のカトリック教会によってマリア聖堂が建てられ、また少ないながらかたちあるものは息をひそめるようにひっそりと存在しています。絡み付く藪を抜けた先にある墓地の、さらに奥に、墓石の墓のように肩を寄せて並ぶキリシタン墓。民家の裏山につづく忘れられた小道に、道祖神のような佇まいでさりげなく祭られた三位一体像など。それらは人里近くではあるものの、現代でも見つかるまいと、姿を眩まそうとしているようで、必死さは当時の状況がいかなるものだったのかを現しています。また、旅のきっかけになったわたしが魅せられた一枚の写真は、その暗い森の入り口にひっそりと立った三位一体像でした。

宣教の歴史は朝の光のように爽やかに朗々と、隠れキリシタンの歴史は闇を這う液体のように。旅を通じて、その差を大きく感じるところとなりました。悲惨なものにたいして、どうしても目を覆ってしまいたくなります。もっとも残酷なことは無視をすること。小学生のころに受けた教えのひとつを思いだしました。好きや嫌いといった感情を持つのはそのものに興味があるからで、もっとも残酷なことはなにか、と。わたしたちの足下には、見て見ないふりをしている歴史がなんと多いことでしょうか、欠けた米の粒より小さなきっかけを見逃さない、つねにゆとりのある心を持つことから、一歩がはじまるのかもしれません。

  • 3編

コニカミノルタプラザ

コニカミノルタプラザ企画展 KIKI写真展 Sense of Wonder 開催期間3/6(土)~3/23(火)
写真展は終了いたしました。トークショーのレポートを公開しております。
コニカミノルタプラザ
Photo&Artギャラリー たくさんの作品を鑑賞できるウェブ
サイトです。楽しいコンテンツも満載!

ページトップへ戻る