現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
KIKIのSense of Wonder
Column KIKIの探訪記
Vol.04 山口県萩 島根県津和野編[ 2編 全4編 ]
content

社会・文化・芸術の展示・イベントを実施するコニカミノルタプラザが、モデル・女優のKIKIさんとお届けする言葉と写真を織り交ぜた心の旅のコラムです。

KIKIのSense of Wonder -サスティナブル・ライフを実現する豊かな感性 -Topへ

KIKIのSense of Wonderとは

  • Column KIKIの探訪記
  • プロフィール

Column KIKIの探訪記

Vol.04 山口県萩 島根県津和野編[ 2編 全4編 ]2010.01.15

山陰の光と影 時のみが創りだせるもの

山口県は本州の最西端、三方を海に囲まれている豊かな大地。まるで子どもが絵に描くような、ぽこんとした緩やかな丘陵からは、ポン柑やユズ、柑橘の甘酸っぱい香りが漂ってきます。宇部から北へ、日本海に面した萩の町へ行きます。秋、ピンク色の蝶のような蕾を開かせる萩の花の印象か、ふわりとあてもなく空を舞う女性らしさをわたしはイメージします。実際には城下町として栄え、整然とした雄々しい印象がありました。この町では偶然に、名前に惹かれて立ち寄った寺院で、思わぬ出会いがありました。

黄檗宗東光寺。東光と名のつくものは実際に多く、寺にしても各地に見ることができます。わたしが気に留める理由は、それが叔父の名前と同じだからというまったくの個人的なもの。けれど、その背景には、東光、東洋、東海と、産まれた息子たちに名をつけようとあらかじめ決めていた祖父の存在があります。直接の関係はもちろんありませんが、同じ文字を見るたびに、日本人の理想というか、当時の憧憬を強く感じるところとなります。

萩は歴史的には萩藩毛利家が治めた領土として広く知られています。東光寺は毛利氏の菩提寺であり、境内のもっとも奥まったところに霊廟があります。ひんやりとした空気。その空間、霊域に足を踏み入れると、なにかかたちの見えない偉大な存在に、思わず圧倒されてしまいました。整然と並んだ石灯籠は約500基という膨大な数。幾何学模様を描くように配置され、その完璧な美しさに、近寄りがたいものがあります。歴史をつくってきた人々の偉大な功績が、現在もこうして物語っているおどろき。時の流れの重さが、ここにはありました。

  • 1編
  • 3編

コニカミノルタプラザ

コニカミノルタプラザ企画展 KIKI写真展 Sense of Wonder 開催期間3/6(土)~3/23(火)
写真展は終了いたしました。トークショーのレポートを公開しております。
コニカミノルタプラザ
Photo&Artギャラリー たくさんの作品を鑑賞できるウェブ
サイトです。楽しいコンテンツも満載!

ページトップへ戻る