content

エコ&アート アワード2014

KONICA MILOLTA エコ&アート アワード2014 2013年9月1日(日)~12月31日(火)※当日消印有効

コニカミノルタ エコ&アート アカデミー2014 公開講座 supported by very50

コニカミノルタ エコ&アートアワード2014では、「地球を救う、芸術やデザインはありうるのか・・・」をテーマに、特別公開講座を開催いたします。

“社会問題を解決する学校”NPO法人very50協力のもと、「地球を救う、芸術やデザインはありうるのか・・・」をテーマに特別公開講座を開催いたします。
講師にはアジアの社会課題解決のプロジェクトを多数手掛け“社会問題の現場”を知る「very50」代表菅谷亮介氏、エコ&アートアワード2013審査員でもあり、アート・デザイン・教育分野で横断的な活動に取り組む杉原有紀氏、エコ&アートキュレーターの菅野和弘氏の3名をむかえ、社会問題を芸術やデザインの力で解決していくためのヒントや知っておくべきことを講義していただきます。ぜひ、みなさまの参加をお待ちしております。


講座内容

「世界のeco-issueはどこにあるのか?」 / 菅谷 亮介

“アートの視点でエコ活動を促進する”とはどういうことでしょうか?
環境破壊が急激な経済成長と共に進む中、従来の手法では解決しえなかった新しい手法で、いかに『エコ』というテーマに関連する問題解決ができるのか?
アジア新興国の問題解決者としての目線で、アート製作前に知っておくべきいくつかのルールを皆さんと考え、共有する時間になればと思います。


菅谷 亮介 Sugaya Ryosuke  (特定非営利活動法人very50 代表理事)

1979年生まれ 東京都出身。
高校生(16歳)時に大手音楽会社主催のオーディションに合格し プロのkeyboardistとして音楽業界に23歳まで携わる。
大学に進学後は、学業と音楽の仕事の傍らアジアを中心に世界中の過疎地域や難民キャンプの医療分野における国際協力に奔走。

大学卒業と同時に音楽を仕事として続けることをやめ、自動車関連企業、戦略系コンサル勤務を経て2007年末に退職。
約6か月間のメキシコ・米国での社会事業家の事業参画を経て、2008年6月より、日本と世界の問題を教育の力で解決する仕組みを作るためにvery50を起ち上げる。
アジア新興国で年間20プロジェクトを手掛け、アジアの社会事業家の指南役として活動。

2010年 英国外務省British Council/Asia Climate change leader選出
2011年 インドネシア Binus University/Guest lecturer歴任
2012年 Hawaii Asia pacific association Young Leader Japan選出

very50
http://very50.com/  (別ウィンドウで表示されます)

「水のアートとデザイン」 / 杉原 有紀

噴水のデザインの変遷から、時代背景とデザインのニーズを読み解きます。
資源の持続可能性が問われる今、どのようにアートやプロダクトにエコロジーの視点を取り入れるべきか、造形と開発のヒントを語ります。


杉原 有紀 Sugihara Yuki  (アーティスト・(株)ATELIER OPA代表取締役)

1974年東京生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科にて修士。
東京大学大学院工学系研究科先端学際工学にて博士。
ポーラ美術振興財団若手芸術家としてパリに留学後、2008年3月まで東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科にて准教授。
現在、株式会社ATELIER OPA代表取締役。
体験型噴水「ウォータードームプロジェクト」、デザイン教育、ミラノ工科大学との共同プロジェクトに取り組む。

「成熟市場の中のエコ&アート“エモーショナルマーケティング”考察」 / 菅野 和弘

現在の世の中はもの溢れ時代。機能性は人が使いこなせないほど高くなり、その多くは必要で作られるのではなく、経済を動かす消費のために作られる・・・。
そんな時代に求められるエモーシュナルマーケティングと地球を救うエコロジー共存デザインについて、コニカミノルタ エコ&アートの過去の応募作品から考察します。


菅野 和弘 Kanno Kazuhiro  (商業美術家 very50 / コニカミノルタ エコ&アートキュレーター)

1966年生まれ。
京都造形芸術大学卒。
現アサツーDK(第一企画)、東急エージェンシーと渡り歩き、2007年株式会社スーパーモダニズムを設立。
マーケティングプロモーション・ブランディング・広告宣伝のプロフェッショナルとして活躍中。
現在までに国内外メジャーメーカーなどのブランディングや広告宣伝・商品開発の他、公共施設開発、スポーツや音楽などのエンターテインメントなど業種を問わずデザイニングをおこなう。

一方で、商業美術家としても活動。大学ゲスト講師(視覚文化論、民族学マーケティング)、F1チームPRディレクター、第1回MTVビデオミュージックアワード選考員、日本軟式野球日本代表SWBC JAPAN ゼネラルマネージャーなどを歴任。
フランスグランパレ芸術賞、スポーツPR新人賞など受賞。

実施概要

タイトル

コニカミノルタ エコ&アートアカデミー2014 公開講座 supported by very50

テーマ

“地球を救う、芸術やデザインはありうるのか・・・”

主催

コニカミノルタプラザ

協力

特定非営利活動法人 very50

実施日時

2013年12月4日(水) 18:00~受付開始 22:00終了予定

場所

フラクシア東京ステーション 5F会議室
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル 5F
JR東京駅・日本橋口 徒歩1分
JR地下鉄 大手町駅 B6出口直結

フラクシア東京ステーション
http://www.fukuracia-tokyo.jp/access/  (別ウィンドウで表示されます)

参加費

無料

参加受付

お申し込みは終了いたしました。

当ページより事前受付
受付期間 : 2013年11月5日(火)~11月24日(月)
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
※当選者にはコニカミノルタプラザよりメールを発送させていただきます。

募集人数

100名様

  • 募集要項
  • 応募規定
  • 審査員
  • 入選作品
  • 最終審査結果
  • FAQ
  • エコ&アートアカデミー
  • エコ&アワード2014 トップへ戻る
  • エコ&アワード トップへ戻る

エコ&アート アワード2014 作品展

ページトップへ戻る