content

エコ&アート アワード2013

KONICA MILOLTA エコ&アート アワード2013 2012年8月1日(水)~12月31日(月)※当日消印有効

審査員のご紹介

  • 伊勢谷友介(YUSUKE ISEYA)REBIRTH PROJECT代表
    1994年東京芸術大学入学後、1997年よりアートユニット「カクト」として制作活動を開始。1998年に映画「ワンダフルライフ」に出演し、俳優としての活動も開始。
    現在にいたるまで、国内外の様々な作品に出演。
    2002年に東京芸術大学大学院卒業、2003年には映画「カクト」(劇場公開映画)を初監督。
    現在では俳優、監督業だけでなく、 2008年に株式会社「リバース・プロジェクト」設立し代表を務めている。

    リバースプロジェクト
    http://www.rebirth-project.jp/  (別ウィンドウで表示されます)
  • 杉原有紀(YUKI SUGIHARA)アーティスト/学術博士
    1974年東京生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科にて修士。
    東京大学大学院工学系研究科先端学際工学にて博士。
    ポーラ美術振興財団若手芸術家としてパリに留学後、2008年3月まで東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科にて准教授。
    現在、株式会社ATELIER OPA代表取締役。
    体験型噴水「ウォータードームプロジェクト」、デザイン教育、ミラノ工科大学との共同プロジェクトに取り組む。

    Atelier OPA
    http://www.atelier-opa.com  (別ウィンドウで表示されます)
  • 山本裕子(YUKO YAMAMOTO)ギャラリスト/山本現代 代表
    現代アートギャラリー「山本現代」代表。2004年東京神楽坂のワイルドな工場街に開廊、2008年に現白金に移転。
    小谷元彦、ヤノベケンジ、西尾康之、宇治野宗輝など、多様なメディアや形式を擁するアーティストの紹介や展覧会開催などの他に、高木正勝や小林耕平、松井えり菜など、ジャンルを越えた活動もする若手作家の紹介も精力的。
    国内外のギャラリーや美術館との恊働、アートフェアにも多数参加。次世代を担うべく日々精進中。

    山本現代
    http://www.yamamotogendai.org  (別ウィンドウで表示されます)
  • 安藤貴之(ANDO TAKAYUKI)/ Pen編集長
    Penオフィシャルサイト
    http://www.pen-online.jp/  (別ウィンドウで表示されます)

  • 募集要項
  • 応募規定
  • 審査員
  • 入選作品
  • 最終審査結果
  • FAQ
  • エコ&アワード2013 トップへ戻る
  • エコ&アワード トップへ戻る

エコ&アート アワード2013 作品展

ページトップへ戻る