content

エコ&アート アワード2011

KONICA MILOLTA エコ&アート アワード2011 2010年9月13日(月)~12月5日(日)※当日消印有効

入選作品発表

今回が3回目となるアワードですが、2011年は新しい審査員を迎え実施致しました。昨今の時代状況にも関わらず206件のご応募をいただき、厳正なる書類審査の結果、『ビジュアルアーツ部門』19点、『プロダクト&コミュニケーション部門』21点の計40作品が入選し、展示されることとなりました。

入選作品

ビジュアルアーツ部門

melt 中尾正風
leaf dress mmm
29000→600頭 志村リョウ
NEO BUTTERFLIES 吉田孝侑
WeaveCycle (vol.5) Tamiko Kusuhara
Decoratif-装飾- 新川 彩
つながる天気 片山義幸
警告(けいこく) 入山きらら
オモタイフク 松浦哲也
akari 小川 亮
landscape 細谷美実
Paper Theater 古川祥智雄
謳歌 -ocher- 永松瑛子
Onion Memories 遠藤喜幸
たまり ワタナベ メイ
新しい芽 橋本和成
ENTRANCE 植田未月
ぴかぴかクレヨンくん 矢浦有理江
生きる 山下由貴

(順不同 敬称略)

プロダクト&コミュニケーション部門

a piece 金井萌々
THANK YOU SO MATCH YOSHIOKA PLUS(吉岡佑二+浜崎美保)
BOOK COVER BAG 青木翔子
Branch 山下卓也&森分優太
BLANK PACK OMOCHIRI
mfid(ムフィッド) 人見友佳子
HOKKYOKUGUMA SEKKEN 影山友章
世界のジーパン・シューズ 村井未来
Mobile Garden(モバイル・ガーデン) 高橋亜希子
FRAGMENTS 正光亜実
Cancer of the earth 御堂雅嗣
アート de 封筒 上田尚矢
自然からの一枚 鹿野 峻
キレイに食べましょう。 前田真志
egomibako 庄司 涼
安全な深呼吸 大橋さとみ
PET-tree 岩田征一郎
Stamplants 池田庄平、大下良美
C&C クッション&クリーナー 吉田奈々
葉もれ灯 -はもれびー 横田ひとみ

(順不同 敬称略)

今後のスケジュール

作品展示 3月5日(土)~3月22日(火)

入選作品は2011年3月5日(土)~3月22日(火)の18日間、コニカミノルタプラザギャラリーB&Cにおいて開催される「KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2011 supported by Pen」にて展示されます。アイデア溢れる若き才能たちの競演を是非ともその目でお確かめください。

受賞者決定(3月21日(月・祝) 公開発表会にて)

各部門のグランプリ、準グランプリ、オーディエンス賞と審査員特別賞、協賛社特別賞の受賞者は、3月21日(月・祝)の公開発表会にて、決定・発表されます。

審査会風景

審査員4名(安藤貴之(Pen編集長)、浅井治彦(プロダクトデザイナー/明星大学造形芸術学部教授)、伊藤豊嗣(グラフィックデザイナー/名古屋造形大学教授)、伊勢谷友介(REBIRTH PROJECT代表)〔敬称略〕)の方々がコニカミノルタプラザに集まり、審査会が行われました。

司会より応募作品の説明が順番に行われ、ひとつひとつの作品について、審査員の方々が意見を出し合いながら、真剣な眼差しで作品の説明に聞き入っていました。

その後は、机の上に並べられた書類を何度も手にして細かく読み込みながら審査をされていました。

「全体的にバリエーションに富んでいてメッセージ性のある作品が多く、今後展示へ向けてブラッシュアップが楽しみになる内容でした。」(浅井治彦氏)

「審査は3回目になりますが、学生や女性の参加が多くなってきていて、若い人達がすごく良い物を考えている姿勢に感動しました。仕上がりにわくわくしますね。」(安藤編集長)

「同じ事を訴えるにしても、表現にオリジナリティのある作品が残ったと思います。今後の仕上がりに期待したいです。」(伊藤豊嗣氏)

「色々な種類の環境に対するアプローチを作品の中で見る事ができてうれしかったです。力強さを感じさせる展示になることを期待します。」(伊勢谷友介氏)

(※伊勢谷友介さんには、スケジュールの都合上、別の日に書類選考をしていただきました。)

  • 募集要項
  • 応募規定
  • 審査員
  • 入選作品
  • 最終審査結果
  • FAQ
  • エコ&アワード2011 トップへ戻る
  • エコ&アワード トップへ戻る

エコ&アート アワード2011 作品展

ページトップへ戻る