content

エコ&アート アワード2011

KONICA MILOLTA エコ&アート アワード2011 2010年9月13日(月)~12月5日(日)※当日消印有効

審査員のご紹介

  • 浅井治彦(ASAI HARUHIKO)/ プロダクトデザイナー/明星大学造形芸術学部教授
    武蔵野美術大学卒。(株)GKインダストリアルデザイン研究所動態デザイン本部勤務を経て、世界放浪の旅を一年半して知見を得る。帰国後フリーランスのデザイナーとして活動。無印良品などの身の回りの生活用品から、医療機器、自動車関連用品まで、幅広い領域での製品デザインを手がけている。最近はエコデザインの製品開発と啓蒙に注力。(社)日本インダストリアルデザイナー協会環境委員会委員長。iFエコロジーデザイン賞部門最高賞(独)、iF製品デザイン賞(独)、グットデザイン賞(日)など多数受賞。2003年から、リビングデザインセンターOZONEでJIDAを冠して「エコデザイン展」を毎年開催している。
  • 伊勢谷友介(ISEYA YUSUKE)/ REBIRTH PROJECT代表
    1994年東京芸術大学入学後、1997年よりアートユニット「カクト」として制作活動を開始。1998年に映画「ワンダフルライフ」に出演し、俳優としての活動も開始。
    現在にいたるまで、国内外の様々な作品に出演。
    2002年に東京芸術大学大学院卒業、2003年には映画「カクト」(劇場公開映画)を初監督。
    現在では俳優、監督業だけでなく、 2008年に株式会社「リバース・プロジェクト」設立し代表を務めている。
    リバースプロジェクト
    http://www.rebirth-project.jp/  (別ウィンドウで表示されます)
  • 伊藤豊嗣(ITOH TOYOTSUGU)/ グラフィックデザイナー/名古屋造形大学教授
    1981年三重大学教育学部美術科卒業後、 1984年デザイン事務所設立。社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)平和と環境のポスター展「I'm here.」において1993年JAGDAポスター大賞を受賞。
    JAGDA新人賞1994、第15回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ1996銅賞(ポーランド)、 上海万博・国際ポスターコンペティション名誉賞(中国)など受賞の他、国内外でのグラフィックデザインの公募に多数入選。
    2008年より名古屋造形大学視覚伝達デザイン研究室教授となり現在に至る。
  • 安藤貴之(ANDO TAKAYUKI)/ Pen編集長
    Penオフィシャルサイト
    http://www.pen-online.jp/  (別ウィンドウで表示されます)

  • 募集要項
  • 応募規定
  • 審査員
  • 入選作品
  • 最終審査結果
  • FAQ
  • エコ&アワード2011 トップへ戻る
  • エコ&アワード トップへ戻る

エコ&アート アワード2011 作品展

ページトップへ戻る