content

エコ&アート アワード2010

KONICA MILOLTA エコ&アート アワード2010 2009年9月1日(火)~12月6日(日)※当日消印有効

審査員のご紹介

  • 高北幸矢(TAKAKITA YUKIYA)/ 視覚環境デザイナー/名古屋造形大学学長
    1973年三重大学教育学部美術科卒業。1977年高北デザイン研究所設立。グラフィックデザイナーとして活動する一方で、より社会的なデザイン活動を実践、名古屋市をはじめ多くの自治体で、まちづくり、景観形成、商店街活性化、サイン計画などを手がける。また、東京、名古屋、バルセロナなどで40回の個展を開催しており、作品はニューヨーク近代美術館をはじめ、世界各地の美術館へ収蔵されている。環境デザイン大賞優秀賞、デザインフォーラム'93銅賞など、受賞多数。現在、名古屋造形大学学長を務める。
  • 浅井治彦(ASAI HARUHIKO)/ プロダクトデザイナー/明星大学造形芸術学部教授
    武蔵野美術大学卒。(株)GKインダストリアルデザイン研究所動態デザイン本部勤務を経て、世界放浪の旅を一年半して知見を得る。帰国後フリーランスのデザイナーとして活動。無印良品などの身の回りの生活用品から、医療機器、自動車関連用品まで、幅広い領域での製品デザインを手がけている。最近はエコデザインの製品開発と啓蒙に注力。(社)日本インダストリアルデザイナー協会環境委員会委員長。iFエコロジーデザイン賞部門最高賞(独)、iF製品デザイン賞(独)、グットデザイン賞(日)など多数受賞。2003年から、リビングデザインセンターOZONEでJIDAを冠して「エコデザイン展」を毎年開催している。
  • KIKI / モデル/女優
    武蔵野美術大学建築学科卒。東京生まれ。同大在学中よりモデルとして活動をスタートさせ、多数の印象的なCF・広告をはじめとして雑誌やカタログ等で活躍。興味の対象の幅は広く、建築のほか、アートやデザインにも造詣が深い。現在、各誌でのコラムや執筆のほか、ラジオ・パーソナリティ、映画やテレビドラマ出演等、モデルの枠にとらわれず様々なフィールドで活躍中。コニカミノルタプラザWEBサイト「KIKIのSense of Wonder」公開中。
    ナウ・ファッション・エージェンシー所属。
  • 安藤貴之(TAKAYUKI ANDO)/ Pen編集長
    Penオフィシャルサイト  http://www.pen-online.jp/
  • 募集要項
  • 応募規定
  • 審査員
  • 入選作品
  • 最終審査結果
  • FAQ
  • エコ&アート アワード2010トップへ戻る
  • エコアンドアワード トップへ戻る

エコ&アート アワード2010 作品展

ページトップへ戻る