content

エコ&アート アワード2009

KONICA MILOLTA エコ&アート アワード2009 2008年10月1日(水)~12月31日(水)※当日消印有効

※終了いたしました。

審査員のご紹介

  • 清川あさみ/アーティスト
    糸や布を使った作品、衣装、空間、イラストレーションを創作するアーティストとして多方面で活躍中。そのオリジナルな世界観をもつ作品を発表し続け、世代を超えて注目されている。また、数々のCDジャケットや広告を手がけるアートディレクターでもある。絵本「人魚姫」(リトルモア)や、「美女採集 Asami Kiyokawa catch the girl」(INFAS)、作品集「caico」(求龍堂)など、話題の著書も多数。
    http://www.asamikiyokawa.com
  • 萩原修/デザインディレクター
    1961年東京生まれ。
    武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。大日本印刷を経て、1993年よりリビングデザインセンターOZONEで、住宅、家具、日用品など生活デザインの展覧会を300本以上担当。2004年に独立し、プロダクト、住宅、店舗、展覧会、コンペ、本、雑誌、WEBサイトなどの企画、プロデュースをてがける。著書に「9坪の家」「オリジンズ」「デザインスタンス」「コドモのどうぐばこ」がある。
    http://www.tsu-ku-shi.net/
  • ユン・ホソプ/環境デザイナー
    1943年韓国ソウル生まれ。
    韓国・ペプシ、シティバンクのロゴを制作するなど、16年間韓国の広告界でアートディレクターとして活躍。1991年の世界ジャンボリー大会での一人の日本人学生との出会いから環境に目覚める。以来、環境意識に根ざしたデザインや制作活動を積極的に行うようになり、現在は韓国・国民大学の教授として教鞭を振るっている。中でもTシャツパフォーマンスは興味深く、ソウル・仁寺洞の路上でTシャツに絵を描きながら、環境問題の啓蒙活動を行っている。
    http://www.greencanvas.com
  • レスリー・キー/写真家
    1971年シンガポール生まれ。
    1994年に来日。日本語を学びつつポートフォリオの作成を始める。1997年、東京ビジュアルアーツ専門学校卒業。1998年に独立し、ファッションを中心に香港、台湾、日本とアジア各国で活動。2004年、雑誌“super”を創刊し、クリエイティヴ・ディレクターも同時に務める。2006年、スマトラ沖地震をきっかけに制作した写真集『superstars』を発表。
  • 安藤貴之/Pen編集長
    Penオフィシャルサイト  http://www.pen-online.jp/
  • 募集要項
  • 応募規定
  • 審査員
  • FAQ
  • 入選作品
  • 最終審査結果
  • エコ&アワード トップへ戻る

eco&art展2009

エコ&アート アワード2010

ページトップへ戻る