ドラえもん 宇宙ふしぎ大探検

  • 時間:26分
  • 対象:一般
  • 季節:四季
  • 映像:全天周映像
  • 制作年:2010年

  • 原作:藤子・F・不二雄
  • 監督・脚本:佐和 朗(Wonder Entertainment)
  • 監修:浅田英夫(天文研究家)
  • 写真提供:国立天文台すばる観測所

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

あらすじ

のび太は、プラネタリウムで居眠りしてしまった後、裏山で星空観測中のスネ夫、ジャイアン、しずかちゃん、ドラえもんらに遅れて合流。そして、みんなといっしょに夜空の星が北極星を中心に動いていることや、望遠鏡で天の川をみて感動する。宇宙のことをもっと知りたくなったのび太らは、“どこでもドア”でハワイのすばる望遠鏡まで移動。そこで観察した遠い宇宙の姿(銀河)に興味をもったみんなは、実際に宇宙へ出かけることに。番組では、ドラえもんのひみつ道具によって宇宙を探検してゆきながら、今まで知らなかった宇宙のふしぎが、次第に解き明かされてゆきます。

学習内容

  • 恒星は時間と共にその位置を変える(動いている)。
  • 北斗七星を使った北極星の探し方・見つけかた
  • 北極星はほとんど動かない、北の方角を示す。
  • 日食のしくみ
  • すばる望遠鏡について
  • 夜空に見えている星の並びはあくまで地球から見たみかけであること(例:北斗七星)
  • 天の川(銀河系との関係)
  • 地球と太陽系、銀河系について・・・「自分たちが宇宙の中でどこに住んでいるのか?」

本ホームページに掲載中の画像・音声・シナリオ・文章はコニカミノルタプラネタリウム(株)
またはその他の著作権者が著作権を有しています。
無断で複製、掲示、配布することは著作権侵害となります。

プラネタリウム番組制作・販売についてのお問い合わせ

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせフォームからのお返事についてはお時間を要する場合がございますので、お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

お電話によるお問い合わせ

03-5985-1711

メールフォームによるお問い合わせ

ページトップへ戻る