現在地:
コニカミノルタ 日本
ピンクリボン運動
乳がん検診体験記
content

乳がん検診体験記

初めての乳がん検診その3:がん検診検査結果

さて検査結果は・・・?

検査したばかりのマンモグラフィーと超音波(エコー)の画像がすでに診察室に。画像を見ながら先生が検査結果を説明してくれます。

受診者の年齢や乳房の状況でマンモグラフィーか超音波(エコー)か併用かが決まります。視触診のみだと医師個人の診断能力に依存する度合いが高くなるので画像検査も受けるようにしましょう!

マンモグラフィーの写真で見られる乳房の「石灰化」は乳腺の中にあるカルシウムが集まったもの。良性もあれば悪性もあります。「問題ない」の先生の言葉にホッと一息。その日に検査結果がわかるのはやはり安心ですね。

ヒロコさんだけでなく、乳がん検診後には「怖くない!」「思ったより痛くなかった」「また、来年も受けよう」という声がたくさん。「安心」のためにも、みなさん乳がん検診を受けましょう!

取材協力
医療法人緑風会 岡山大福(おおふく)クリニック
〒701-0204 岡山県岡山市大福393-1
TEL 086-281-2020
http://www.ooc-whc.net/
※厚生労働省は、乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験(J-START)を進めています。
http://www.j-start.org/

乳がん検診体験記:その2 マンモグラフィー・超音波(エコー)へ

乳がん検診体験記トップへ

ページトップへ戻る