有機EL照明の真髄

コニカミノルタ有機EL照明の特徴

製品の種類により仕様は異なります。

コニカミノルタの有機EL照明 価値の真髄

コニカミノルタは「薄い、軽い、曲がる」は、あくまで「特徴」としてとらえ、その特徴がもたらす有機EL照明の「本質的価値」について探求し続けています。 LED照明やガラス製有機EL照明には追随できない技術で世の中のお役に立てる方法を考え、その核となる本質的価値「CORE Value」と、組み合わせにより価値を飛躍させる「BOOSTER」を創造しました。
それがコニカミノルタ有機EL照明の価値の真髄です。

CORE Value

CORE Value

CORE Value設置スペースが極めて薄いが、均一な面発光が欲しい

全てはここから始まります。
コニカミノルタの有機ELの根幹Valueとして、均一な面発光を約0.35mmの薄さで実現することが挙げられます。
この特徴により、設置したいスペースが限りなく狭くて面発光が実現しづらい場面や、紙や布のような薄い支持体と光をセットにしたい場面といった、いままで実現できなかったご使用が可能になります。

BOOSTER

BOOSTER CORE Value

CORE Valueを強力にするBOOSTER

さらにコニカミノルタの有機ELがもつCORE Valueは、重要要素「BOOSTER」と掛け合わされることでさらに威力を発揮し、お客様にとっての「オンリーワン」ソリューションとなります。

CORE Value +製品を極限まで軽量化したい

設置スペースが狭いまたは薄いところで、均一な面発光で光らせたいが、同時に光源部材を0.1gでも低減したいお客様。コニカミノルタの有機ELは、均一な面発光をわずか0.06g/cm2の軽さで実現できます。

CORE Value +低輝度で心地よく光らせたい

設置スペースが狭いまたは薄いところで、均一な面発光で光らせながら、低輝度をコントロールしたいお客様。コニカミノルタの有機ELは2000cd/m2程度以下の低輝度でも、正確に光をコントロールし、心地よい光を提供できます。

BOOSTER CORE Value

CORE Value +熱に影響を受けるものに近接して使用したい

設置スペースが狭いまたは薄いところで、対象物に近接して使いたいお客様。点光源ではなく面光源であるため、高温になるエリアがなく、熱に影響を受ける対象物と近接させてもご使用いただけます。

弊社有機EL照明事業に関する各種お問い合わせ、ご要望等はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

PAGE TOP