content

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん)

みんなで守ろうぼくらのなかま

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ

よみがな

JavaScriptを有効にしてください

  • 絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
  • 調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
  • マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
  • ぼくたちみんなでできること
  • 絶滅危惧種で自由研究しよう!
  • みんなの感想を聞かせてね!

調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ
絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
ぼくたちみんなでできること
絶滅危惧種で自由研究しよう!
みんなの感想を聞かせてね!
先生・保護者(ほごしゃ)の方へ
  • 名前スマトラサイ
  • 英名Sumatran Rhinoceros
  • 分類奇蹄目(きていもく)(ウマ目) サイ科
  • 学名Dicerorhinus sumatrensis

スマトラサイ
画像をクリックすると拡大(かくだい)するよ

東南アジアの密林(みつりん)にすむ、スマトラサイ。サイの仲間(なかま)としてはもっとも小さくて、毛が長いのが特徴(とくちょう)なんだよ。ハンターにねらわれたり、生息地が減(へ)ったりして、絶滅寸前(ぜつめつすんぜん)の大ピンチなんだ。

大きさ・体重(たいじゅう)(おとな)

体長: 240-320cm
尾長(びちょう):65cm
体重:800-1000kg (一説(いっせつ)では2000kg)

出典(しゅってん):動物世界遺産(いさん) レッド・データ・アニマルズ 講談社(こうだんしゃ)

生息地

東南アジアの密林(みつりん)にいるよ。ほかのサイとちがって低地(ていち)だけではなく、山地にも生息しているんだ。

食べ物

木の葉や皮を食べるよ。マンゴーやイチジクなどの果実(かじつ)好物(こうぶつ)なんだ。

こんな動物

水辺(みずべ)にいることが多く、泳ぎは大得意(だいとくい)。何と海を泳ぐ姿(すがた)目撃(もくげき)されたこともあるんだ。

スマトラサイのことをもっと知りたい!

最後(さいご)生(い)残(のこ)った、毛の長いサイ?!
サイの仲間(なかま)のなかで、もっとも体が小さいスマトラサイ。東南アジアの密林(みつりん)にすんでいる。サイとしては毛が長いのが特徴(とくちょう)で、こうした種類(しゅるい)のサイはスマトラサイを残(のこ)してすべて絶滅(ぜつめつ)している。残念(ざんねん)なことにスマトラサイも、今では絶滅寸前(ぜつめつすんぜん)だ。一番の原因(げんいん)は、人間による狩猟(しゅりょう)。角が薬になると考えられていて、昔から高い値段(ねだん)で売買されてきたのだ。

生息地がどんどんなくなっている・・・
さらに、東南アジアの人口増加(ぞうか)にともない、スマトラサイがすむ森林が次々と農地にされている。これによって、すみかが減(へ)るだけではなく、道路が整備(せいび)されて、ハンターが生息地まで行きやすくなってしまう。世界のいくつもの動物園などが人工繁殖(はんしょく)試(こころ)みているけれど、今のところあまり成果(せいか)は上がっていない。このままでは、唯一(ゆいいつ)生(い)残(のこ)っている毛の長いサイが絶滅(ぜつめつ)してしまうのだ。

参考文献(さんこうぶんけん)

関係(かんけい)のある動物をもっと見る

※上の文字をクリックすると、他にも関係(かんけい)のある動物が見られるよ

同じ地域(ちいき)にすむ動物たちを見てみよう

同じ理由で絶滅(ぜつめつ)しそうな動物を見てみよう

動く姿を見てみよう

閉じる

 動物がほろぶ理由をマンガで学ぼう!

  • 第4話 「森林破壊(しんりんはかい)、道路ができると動物がほろぶ!?」 森林破壊(しんりんはかい)について考えよう!
  • 第7話 密猟(みつりょう)から守れ!絶滅危惧動物(ぜつめつきぐ)! 密猟(みつりょう)について考えよう!

ぼくたちみんなでできることを考えよう!

ぼくたちにも毎日の生活のなかでできることはある、動物たちを救(すく)うヒントを見てみよう!

ページトップへ戻る