content

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん)

みんなで守ろうぼくらのなかま

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ

よみがな

JavaScriptを有効にしてください

  • 絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
  • 調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
  • マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
  • ぼくたちみんなでできること
  • 絶滅危惧種で自由研究しよう!
  • みんなの感想を聞かせてね!

調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ
絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
ぼくたちみんなでできること
絶滅危惧種で自由研究しよう!
みんなの感想を聞かせてね!
先生・保護者(ほごしゃ)の方へ
  • 名前キタケバナウォンバット
  • 英名Northern Hairy-nosed Wombat
  • 分類有袋目(ゆうたいもく)(フクロネズミ目)ウォンバット科
  • 学名Lasiorhinus krefftii

No Image

乾燥(かんそう)した厳(きび)しい環境(かんきょう)で生きるキタケバナウォンバット。エサとなる草を家畜(かちく)のヒツジやウシとうばい合うことになり、絶滅(ぜつめつ)しそうなほど数が減(へ)ってしまったんだ。

大きさ・体重(たいじゅう)(おとな)

体長:オス102.1cm、メス107.3cm
尾長(びちょう): 5cm
体重:オス30.1kg、メス32.5kg

出典(しゅってん):動物世界遺産(いさん) レッド・データ・アニマルズ 講談社(こうだんしゃ)

生息地

オーストラリア東部のエッピング・フォレスト国立公園だけにしかいないんだ。

食べ物

草が好物(こうぶつ)なんだ。

こんな動物

おなかの袋(ふくろ)で子どもを育てる動物なんだ。カンガルーとはちがって、袋(ふくろ)は後ろ向きに付(つ)いているよ。

キタケバナウォンバットのことをもっと知りたい!

家畜(かちく)とエサをうばい合うことに・・・
キタケバナウォンバットの存在(そんざい)が知られるようになったのは19世紀(せいき)後半。乾燥(かんそう)した厳(きび)しい環境(かんきょう)で生きるキタケバナウォンバットは、当時から数の少ない動物だった。そこに追い打ちをかけたのが、20世紀(せいき)急増(きゅうぞう)した家畜(かちく)放牧(ほうぼく)。エサとなる草をヒツジやウシとうばい合うことになり、ますます数が減(へ)っていったのだ。

数が少しずつ回復(かいふく)している!
そして生息地はたったの一カ所、オーストラリア東部のエッピング・フォレスト国立公園だけになってしまった。でも、うれしい知らせもある。その国立公園で懸命(けんめい)保護(ほご)活動が行われ、数が少しずつ回復(かいふく)しているのだ。家畜(かちく)動物の侵入(しんにゅう)防(ふせ)柵(さく)などのおかげで、一時は30頭くらいにまで減(へ)っていたキタケバナウォンバットは、今では100頭を超(こ)えるまでになった。

参考文献(さんこうぶんけん)

関係(かんけい)のある動物をもっと見る

※上の文字をクリックすると、他にも関係(かんけい)のある動物が見られるよ

同じ地域(ちいき)にすむ動物たちを見てみよう

同じ理由で絶滅(ぜつめつ)しそうな動物を見てみよう

動く姿を見てみよう

閉じる

 動物がほろぶ理由をマンガで学ぼう!

  • 第6話 外来種(がいらいしゅ)?!捨(す)てたペットが環境破壊(かんきょうはかい)?? 外来種(がいらいしゅ)について考えよう!

ぼくたちみんなでできることを考えよう!

ぼくたちにも毎日の生活のなかでできることはある、動物たちを救(すく)うヒントを見てみよう!

ページトップへ戻る