content

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん)

みんなで守ろうぼくらのなかま

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ

よみがな

JavaScriptを有効にしてください

  • 絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
  • 調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
  • マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
  • ぼくたちみんなでできること
  • 絶滅危惧種で自由研究しよう!
  • みんなの感想を聞かせてね!

調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ
絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
ぼくたちみんなでできること
絶滅危惧種で自由研究しよう!
みんなの感想を聞かせてね!
先生・保護者(ほごしゃ)の方へ
  • 名前ミユビハリモグラ
  • 英名Long-beaked Echidna
  • 分類単孔目(たんこうもく)(カモノハシ目) ハリモグラ科
  • 学名Zaglossus bruijnii

ミユビハリモグラ
画像をクリックすると拡大(かくだい)するよ

ミユビハリモグラは卵(たまご)産(う)む、めずらしい哺乳類(ほにゅうるい)なんだよ。長く続(つづ)いた狩(か)りや、森林がなくなっていることで、このままでは絶滅(ぜつめつ)しそうなんだ。

大きさ・体重(たいじゅう)(おとな)

体長:45-77.5cm
体重:5-10kg

出典(しゅってん):動物世界遺産(いさん) レッド・データ・アニマルズ 講談社(こうだんしゃ)

生息地

オーストラリア大陸(たいりく)の北にあるニューギニア島だけにいるんだよ。

食べ物

細長い口先で大好物(だいこうぶつ)のミミズをすすって食べるよ。昆虫(こんちゅう)をつかまえることもあるんだ。

こんな動物

卵(たまご)産(う)む前に、ミユビハリモグラの母親のおなかには袋(ふくろ)ができるよ。卵(たまご)はその中で温めるんだ。

ミユビハリモグラのことをもっと知りたい!

卵(たまご)産(う)哺乳類(ほにゅうるい)?!
ミユビハリモグラは、哺乳類(ほにゅうるい)なのに卵(たまご)産(う)むめずらしい動物だ。姿(すがた)変(か)わっていて、ミミズを食べるためにとても細長い口先をしている。さらに面白いのが後脚(うしろあし)。指が外側(そとがわ)を向いていて、見ていると、どっちに進む動物なのか分からなくなってしまいそうだ。ミユビハリモグラが暮(く)らしているのは、オーストラリア大陸(たいりく)の北にあるニューギニア島。この島では、昔からイヌを使ってミユビハリモグラをつかまえてきたため、だんだんと姿(すがた)が見られなくなってしまった。

ミミズがいなくなって、このままではまぼろしの珍獣(ちんじゅう)に・・・
現在(げんざい)では狩(か)りは禁止(きんし)になったものの、今度は森林の伐採(ばっさい)がミユビハリモグラたちを困(こま)らせている。伐採(ばっさい)された地面はかわきやすく、ミユビハリモグラの大切なエサであるミミズがいなくなってしまう。伐採(ばっさい)の後に新しい苗(なえ)を植えたとしても、木々が育つには長い年月が必要(ひつよう)。このままでは、ミユビハリモグラがまぼろしの珍獣(ちんじゅう)になってしまうかもしれないのだ。

参考文献(さんこうぶんけん)

関係(かんけい)のある動物をもっと見る

※上の文字をクリックすると、他にも関係(かんけい)のある動物が見られるよ

同じ地域(ちいき)にすむ動物たちを見てみよう

同じ理由で絶滅(ぜつめつ)しそうな動物を見てみよう

動く姿を見てみよう

閉じる

 動物がほろぶ理由をマンガで学ぼう!

  • 第4話 「森林破壊(しんりんはかい)、道路ができると動物がほろぶ!?」 森林破壊(しんりんはかい)について考えよう!

ぼくたちみんなでできることを考えよう!

ぼくたちにも毎日の生活のなかでできることはある、動物たちを救(すく)うヒントを見てみよう!

ページトップへ戻る