content

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん)

みんなで守ろうぼくらのなかま

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ

よみがな

JavaScriptを有効にしてください

  • 絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
  • 調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
  • マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
  • ぼくたちみんなでできること
  • 絶滅危惧種で自由研究しよう!
  • みんなの感想を聞かせてね!

調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ
絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
ぼくたちみんなでできること
絶滅危惧種で自由研究しよう!
みんなの感想を聞かせてね!
先生・保護者(ほごしゃ)の方へ
  • 名前インドサイ
  • 英名Indian Rhinoceros
  • 分類奇蹄目(きていもく)(ウマ目) サイ科
  • 学名Rhinoceros unicornis

インドサイ
画像をクリックすると拡大(かくだい)するよ

インドサイの角は昔から薬として人気があるんだ。角をねらった狩猟(しゅりょう)によって、インドサイは200頭くらいまで減(へ)ってしまったことがあるんだよ。

大きさ・体重(たいじゅう)(おとな)

体長:3.1-4.2m
尾長(びちょう):60-80cm
体重:1.5-3.5t

出典(しゅってん):動物世界遺産(いさん) レッド・データ・アニマルズ 講談社(こうだんしゃ)

生息地

インドやネパールの湿地(しっち)や森林にいるんだ。

食べ物

草や木の皮、果実(かじつ)なんかを食べる草食動物なんだ。強そうに見えるけど、食べるためにほかの動物をおそうことはないんだよ。

こんな動物

インドサイは角が1本、アフリカのサイは角が2本あるんだ。ヨロイのように皮膚(ひふ)が分かれて見えるのも、インドサイだけの特徴(とくちょう)だよ。

インドサイのことをもっと知りたい!

サイの角が薬になる?!
ヨロイのような皮膚(ひふ)をしたインドサイ。見た目はちょっと恐竜(きょうりゅう)みたいで、かっこいい角まである。しかし、この角がインドサイが減(へ)ってしまった原因(げんいん)にもなっているのだ。サイの角は、昔から薬として人気がある。薬の材料(ざいりょう)として売るために、角目当ての狩猟(しゅりょう)がくり返されてきたのだ。

湿地(しっち)や森が減(へ)っているのも問題・・・
角をねらわれたインドサイは、20世紀(せいき)の前半には200頭以下(いか)になってしまった。現在(げんざい)保護(ほご)活動によって守られ、その数は2500頭くらいに増(ふ)えたと言われている。しかし、密猟(みつりょう)完全(かんぜん)にはなくなってはいない。さらに、すみかである湿地(しっち)や森が減(へ)っているため、これからもインドサイを守る活動が必要(ひつよう)なのだ。

参考文献(さんこうぶんけん)

関係(かんけい)のある動物をもっと見る

※上の文字をクリックすると、他にも関係(かんけい)のある動物が見られるよ

同じ地域(ちいき)にすむ動物たちを見てみよう

同じ理由で絶滅(ぜつめつ)しそうな動物を見てみよう

動く姿を見てみよう

閉じる

 動物がほろぶ理由をマンガで学ぼう!

  • 第4話 「森林破壊(しんりんはかい)、道路ができると動物がほろぶ!?」 森林破壊(しんりんはかい)について考えよう!
  • 第7話 密猟(みつりょう)から守れ!絶滅危惧動物(ぜつめつきぐ)! 密猟(みつりょう)について考えよう!

ぼくたちみんなでできることを考えよう!

ぼくたちにも毎日の生活のなかでできることはある、動物たちを救(すく)うヒントを見てみよう!

ページトップへ戻る