content

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん)

みんなで守ろうぼくらのなかま

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ

よみがな

JavaScriptを有効にしてください

  • 絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
  • 調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
  • マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
  • ぼくたちみんなでできること
  • 絶滅危惧種で自由研究しよう!
  • みんなの感想を聞かせてね!

調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ
絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
ぼくたちみんなでできること
絶滅危惧種で自由研究しよう!
みんなの感想を聞かせてね!
先生・保護者(ほごしゃ)の方へ
  • 名前ドリル
  • 英名Drill
  • 分類霊長目(れいちょうもく)(サル目) オナガザル科
  • 学名Mandrillus leucophaeus

ドリル
画像をクリックすると拡大(かくだい)するよ

アフリカの森にすむ大きなサル、ドリル。森の伐採(ばっさい)と食用のための狩猟(しゅりょう)絶滅(ぜつめつ)しそうなんだ。この数十年で数が大幅(おおはば)減(へ)ってしまったんだよ。

大きさ・体重(たいじゅう)(おとな)

体長:オス60cm/メス66cm
尾長(びちょう):オス12cm/メス:8.1cm
体重:オス17kg/メス10kg

出典(しゅってん):動物世界遺産(いさん) レッド・データ・アニマルズ 講談社(こうだんしゃ)

生息地

ナイジェリアとカメルーンの一部、赤道ギニアのビオコ島にいるよ。

食べ物

果実(かじつ)好物(こうぶつ)なんだよ。ほかにも木の若葉(わかば)芽(め)昆虫(こんちゅう)なども食べるよ。

こんな動物

ドリルは地面と木の上の両方で生活するよ。観察(かんさつ)してみると、オスの方がメスよりも地上にいる時間が長いんだって。不思議(ふしぎ)だね。

ドリルのことをもっと知りたい!

ドリルたちの森がなくなっていく・・・
ドリルはアフリカの森にすむ大型(おおがた)のサルだ。20~30頭の群(む)れで暮(く)らし、時にはいくつもの群(む)れが集まって、200頭をこえる大集団(だいしゅうだん)を作ることもある。ドリルはこの数十年で数が大幅(おおはば)減(へ)ってしまったと考えられている。その理由は大きく分けて二つある。一つは森が少なくなったこと。ドリルたちのすむ場所が減(へ)っただけではなく、代わりに作られた畑の作物を食べたドリルが殺(ころ)されるなど、被害(ひがい)は広がっている。

狩猟(しゅりょう)による大きなダメージ
もう一つの理由は、食用目的(もくてき)狩猟(しゅりょう)だ。ドリルの群(む)れは、人間の社会と同じようにさまざまなルールや役割(やくわり)があって成(な)り立っている。人間のチームやグループ、そして家族と同じように、メンバーを失(うしな)ったドリルの群(む)れは、なかなかもとの安定した状態(じょうたい)にもどらないのだ。つまり狩猟(しゅりょう)は、ドリルにとって単純(たんじゅん)に数が減(へ)ったこと以上(いじょう)の大きなダメージを残(のこ)してしまうのだ。

参考文献(さんこうぶんけん)

関係(かんけい)のある動物をもっと見る

※上の文字をクリックすると、他にも関係(かんけい)のある動物が見られるよ

同じ地域(ちいき)にすむ動物たちを見てみよう

同じ理由で絶滅(ぜつめつ)しそうな動物を見てみよう

動く姿を見てみよう

閉じる

 動物がほろぶ理由をマンガで学ぼう!

  • 第4話 「森林破壊(しんりんはかい)、道路ができると動物がほろぶ!?」 森林破壊(しんりんはかい)について考えよう!
  • 第7話 密猟(みつりょう)から守れ!絶滅危惧動物(ぜつめつきぐ)! 密猟(みつりょう)について考えよう!

ぼくたちみんなでできることを考えよう!

ぼくたちにも毎日の生活のなかでできることはある、動物たちを救(すく)うヒントを見てみよう!

ページトップへ戻る