現在地:
コニカミノルタ 日本
絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん)
マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
content

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん)

みんなで守ろうぼくらのなかま

絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) みんなで守ろうぼくらのなかま トップページ

よみがな

JavaScriptを有効にしてください

  • 絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物とは?
  • 調べてみよう!絶滅(ぜつめつ)しそうな動物たち
  • マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?
  • ぼくたちみんなでできること
  • 絶滅危惧種で自由研究しよう!
  • みんなの感想を聞かせてね!

マンガで学ぼう!動物たちはなぜピンチ?

動物たちは、なぜ減(へ)っているんだろう?実は、ぼくら人間の暮(く)らしが大きく関係(かんけい)しているんだ。ヒロトやミキと一緒(いっしょ)に、動物たちのピンチの理由を学んでほしい。 コニカミノルタ教授(きょうじゅ)

コニカミノルタ教授(きょうじゅ)って?

登場人物紹介(しょうかい)

ヒロト

ヒロト 9才
エコ小学校に通う、小学三年生。
ミキとは隣同士(となりどうし)幼(おさな)なじみ。野球が大好きなわんぱく小学生。

ミキ

ミキ 9才
エコ小学校に通う、小学三年生。
ヒロトとは隣同士(となりどうし)幼(おさな)なじみ。しっかり者でいつもヒロトにふりまわされっぱなし。

博士(はかせ)

博士(はかせ) 80才
ヒロトとミキの向かいの家に住む、ナゾの老人(ろうじん)博士(はかせ)っぽいがナニを研究(けんきゅう)しているのかは、ナゾ。

キラリン

キラリン
博士(はかせ)が作ったお手伝(てつだ)いロボット。博士(はかせ)の助手なのに、ヒロトとミキとあそんでばかり。

マンガを読もう!

生き物たちをなぜ守る? 第4話
「ぼくらは生き物がいないと生きていけない?!」
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(2.7MB)

地球上にはたくさんの絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物がいるんだ。
なぜ、動物たちが滅(へ)っているのか見てみよう。

第1話
絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)ってなーに?」
絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)について考えよう!
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(4.4MB)
第2話
地球温暖化(ちきゅうおんだんか)、あったかくなって何が悪いの?」
地球温暖化(ちきゅうおんだんか)について考えよう!
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(7.1MB)
第3話
環境破壊(かんきょうはかい)悪気(わるぎ)がなくても悪いこと」
環境破壊(かんきょうはかい)について考えよう!
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(2.3MB)
第4話
森林破壊(しんりんはかい)、道路ができると動物がほろぶ!?」
森林破壊(しんりんはかい)について考えよう!
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(2.2MB)
第5話
酸性雨(さんせいう)、空から毒(どく)がふってくる!!」
酸性雨(さんせいう)について考えよう!
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(3.0MB)
第6話
外来種(がいらいしゅ)?!捨(す)てたペットが環境破壊(かんきょうはかい)??
外来種(がいらいしゅ)について考えよう!
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(2.8MB)
第7話
密猟(みつりょう)から守れ!絶滅危惧(ぜつめつきぐ)動物!
密猟(みつりょう)について考えよう!
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(4.4MB)

いろいろな生き物がいるおかげで、今の地球のバランスが保(たも)たれているんだ。
生き物や自然(しぜん)のつながり合いを見てみよう。

第1話
「かわいそうだけじゃない!
絶滅(ぜつめつ)から守る理由」
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(997KB)
第2話
「ピンチに強い生き物は、いのちの設計図(せっけいず)がたくさん?!」
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(1.6MB)
第3話
「いろいろな自然を守ることは、いろいろな生き物を守ること」
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(1.6MB)
第4話
「ぼくらは生き物がいないと生きていけない?!」
  • マンガをよむ
  • マンガを印刷(いんさつ)する(PDF)(2.7MB)

GET ABOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、アドビ社の Adobe Reader(R)が必要になります。
最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ページトップへ戻る