機能紹介「イメージング色彩輝度計 / 輝度計 ProMetric® シリーズ」便利なソフトウェア機能でわずらわしい作業が簡単に!

ProMetric®ソフトウェアで実現できる、簡単評価機能

評価作業を効率化 ! 輝度・色度の評価での位置合わせをストレスなく実現

・複数の文字やアイコンの一括評価が可能

マウスで一括選択後、自動で評価領域を検出

自動車のインストルメントパネル、スイッチ、ボタンなどの文字やアイコンの輝度・色度評価による解析において、文字やアイコンの評価を一つずつ設定する評価領域(測定したい場所)の設定作業は非常にわずらわしい作業です。 ProMetric®では、ソフトウェア上で評価領域をコンピューターマウスを利用して一括選択することが可能なので閾値を設定すれば、自動的にそれぞれの文字、アイコンの評価領域を検出することができます。
当ソフトウェアを使えば解析作業における大幅な時間短縮を実現します。

自由自在の簡単操作 ! フリーハンドで評価領域を設定

・導光棒やライトガイド等、曲面・曲線の発光物の輝度・色度評価を簡単に

「自動車室内灯」と「ユーザーライン機能」のイメージ

自動車の室内灯に利用されているライトガイド、導光棒、導光チューブなどの曲面や曲線デザインを持つ発光物の輝度・色度均一性の評価において、適切に評価領域(測定したい場所)を設定することは非常に手間がかかります。
ProMetric®では直性での評価領域の設定に加え、ユーザーライン機能を活用すれば、フリーハンドで自由自在に評価領域が設定できます。また、同機能を使って評価領域を設定して輝度・色度の断面図を解析することで、簡単に均一性・光モレの評価も実現。その他、曲線の太さも数値を入力することで容易に調整することができます。

・入射面の端面からの距離表示が可能

断面図評価例

スケール機能を活用することで入射面の端面からの距離をグラフのように表示することが可能です。

Webマガジン TOPに戻る

ページトップへ戻る