Radiant Vision Systems社製品

アプリケーション例

車載ディスプレイの視認性(光学)評価

車載ディスプレイの視認性(光学)評価をする際の大きな課題の1つである「Black Mura」。
「車載ディスプレイの検査」、「ムラの検査」、「Black Muraについて」の3パートにわけて、ソリューションの一部をご紹介いたします。

ムラの検査

  1. ムラの原因と種類
  2. ムラ解析の4要素
  3. ムラの抽出例
  4. ディスプレイ画像解析ソフトウェアTrueTest™のベネフィット

5.ムラの原因と種類

ムラの検査

ムラとは、局所的な輝度の増減もしくは “シミ(blob)”を指しています。
全体の滑らかな輝度勾配より、局所的な変化が大きなムラに見える傾向が高いと言われています。
また、ムラの評価は個体差が出やすく、客観的な検査が難しいのが特徴です。

輝度

製造工程や部材の特性によるムラ発生の事例

  • 各種部材の不良
  • 接着不良
    (e.g. 空気の混入)
  • 洗浄汚れ/指紋
  • 異物混入/ひっかき傷
  • バックライトの輝度不均一性

  • エッジライトの光モレ

  • パッケージ等の外的圧力

  • ディスプレイの変形によるゆがみ

ムラの種類

ムラにはいくつかの種類があります。そのためムラの特性によってムラを抽出するためのアルゴリズムが必要です。
また、複数の種類のムラが同一ディスプレイに存在する場合もあります。

斑点, コーナー付近, エッジ付近, 特定の一部, ライン形状, 大局域, LED, スポット

TrueTest™ ムラ解析機能について

ステップ1.
タイプ毎にムラを抽出・選別します。

ステップ2.
ムラを定量化します。

ステップ3.
Pass/Failの閾値を決めて、合否判定を行います。

以下6~8以降の項目をご覧になりたい方は、アプリケーション例 「車載ディスプレイの視認性(光学)評価」のPDFダウンロード よりご覧いただけます。

  1. ムラ解析の4要素
  2. ムラの抽出例
  3. ディスプレイ画像解析ソフトウェアTrueTest™のベネフィット

ページトップへ戻る