Instrument Systems社製品

ソフトウェア

LumiCamソフトウェア

LumiCam1300カメラには、取り込んだデータの包括的な分析と表示オプションを備えた、ソフトウェアプラットフォームが搭載されているため、輝度マップとカラーマップを、自由に定義可能な各種擬似カラー映像で表示が可能です。

その他の2次元色彩輝度計

ソフトウェア

使用できる表示オプション

  • 配光
  • RGBカラー画像
  • 色座標「x、y、z」と「u'、v'」
  • 色温度
  • 主波長と彩度
  • デルタE (基本色はスポットメータまたは手動で定義します)

自動車産業のディスプレイ向け各種分析ツール

LumiCamソフトウェアには、特に自動車産業のディスプレイ向け要件を満たす以下のような強力な各種分析ツールも含まれています。

  • 任意の数とサイズのスポットメータも配置できます。 各スポットメータでは、輝度の最大値、最小値、平均値、色座標、測色パラメータが自動測定されます。 色座標の測定値はCIE図表に表示されます。
  • 対象物と背景領域のコントラスト、輝度の最大値、最小値、平均値に関するオブジェクト分析には、ポリゴンを使用します。
  • 3Dディスプレイにより、輝度分布を3次元表示で可視化できます。 対象領域を選択すると、どの空間軸でも自由に回転させることができます。
  • オブジェクトのプロファイルを使用すると、輝度分布によって断面をすばやく評価できます。 この機能は、たとえば断面やスピードメータの指針の分析に最適です。

上記のように分析ツールによって作成されたデータセットは、いったんクリップボードにコピーされ、その後、Excelにペーストできます。 テストの合否基準も個別に定義できます。 専用のレポート機能はLumiCamソフトウェアの機能を丸めて処理します。

ページトップへ戻る